新手技療法ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん大阪本店筋肉の機能異常=筋肉ロックを解除し慢性痛改善ミオンパシー

総院長松尾ブログ間違いだらけの慢性痛治療スクールのご案内いぎあ☆整体塾

 HOME> MAGIC

 
間違いだらけの腰痛治療コラム

腰痛関連間違った知識と正しい情報

頭痛・肩こり肩痛・寝違え関連間違った知識と正しい情報

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

スポーツ関連情報

自律神経のアンバランス


接客力を上げる体質学の知識

    いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約        
いぎあ☆すてーしょんロゴミオンパシー®

Q
このページでは

いぎあの手技療法の秘密を解き明かそうと思います。

A
秘密ですか?

Q
そうです。不思議ですよね、いぎあのミオンパシー®


何にもしてないようなのに

痛みやコリが突然消えたりしますよね。



A
「これは気功ですか?」と聞かれることもありますね。

ただじっとしてるだけ

という時間が90秒ずつありますからね。

Q
いぎあ☆すてーしょんでは

ミオンパシーが全てのメニューの施術方法の

ベースになっているということですが

他の整体法と違う特徴があるんですよね?

A
そうですね
ミオンパシー®の特徴については

別のページで詳しく解説していますので

そちらをご覧頂けたらと思います。

Q
随分詳しく書いてありますね。

どんなことをするのか、とか

何故この方法で良くなるのかは解りましたが

名前の由来を教えて下さい。

A
この名前を付ける前は

筋肉トリートメントMAGICと言っていましたが

整体というと一般の方には

ボキボキする痛そうなイメージがあるようなので



今までにはない名前をつけようと思ったんです。

Q
他のやり方とは違うオリジナルなものっていうことですよね

ミオンパシーは、一から院長が考え出されたんですか?

A
全くオリジナルという訳ではありません。

ミオンパシーの施術法は

オステオパシー

(アンドリュー・テイラー・スティルという医師が発案したアメリカ生まれの手技療法)

のなかの2つのテクニックを応用したものです。



Q

アメリカ生まれの手技療法といえば

カイロプラクティックが有名ですよね。

オステオパシーというのもあるんですね。



A
そうです。ただ、オステオパシーは

今では西洋医学的な方向に進んでいるようで

手技療法を研究・実践しているのは

オステオパシーのドクターの中でも一部らしいですね。

ヨーロッパ・特にイギリスでは

オステオパシーが盛んなようで

専門の学校もあるようです。

私が見たヨーロッパのアロマテラピーの本では

オステオパシーは載っていましたが

カイロプラクティックは載ってませんでしたね。

Q
じゃあ
オステオパシーの技術を行っているというだけで

希少性がある
んですね。

A
そうですね。日本では特に少ないでしょうね。

というのはカイロプラクティックを

アメリカで学んだ先生達は

日本でも50~60人はおられるので

学校も多く卒業生も沢山おられます。

ところが

アメリカのオステオパシー大学を卒業された日本の方は

私が知る限りまだ3人しかおられない(2016年11月現在)

はずです。

しかも、オステオパシーの大学では

まず、西洋医学の医師免許を取り

そこから手技を学ぶのですが

アメリカで医師免許を取っても

日本では医師として仕事ができないので

3人のうちお二人はアメリカで仕事されていて

もうお一人はご病気で帰国したと聞いています。


知名度が低い上に勉強するところがあまりないので

実践している人も少ない

のだと思います。

ですから

1995年頃に私が所属していた手技療法の研究会が

アメリカからオステオパシーのドクターを呼んで

「筋エネルギーテクニック」という技術の講習をしたときも

100人以上先生達が集まってる中で

実際に使っているのは私ぐらいだったようです。

当時設立されたばかりの日本のオステオパシーの学校の

学長さんに「よく勉強されてますね。」

と感心されたのを覚えています。

Q
日本ではそんなマイナーなのに

なぜ院長はオステオパシーをやろうと思ったんですか?

A
それはね、偶然なんです。

というか、今では必然だったのかなあ、という気もしますが

最初に行った学校の卒業生を集めて

毎月3年間勉強会を行っていたのですが

そのときのどこかの回で

仲間の一人が「こんなやり方があるよ」と

情報を持ってきてくれたんです。

Q
それですぐ取り入れられたんですか?

A
いいえ、だって

なにもせずに腕とか持ってるだけなんですよ。

痛みなんか取れるわけないと思いませんか?

Q
そうですねえ、私も未だに

「これでどうして痛みやコリが取れるんだろう?」

って不思議な感じですもんね。

A
でしょう?

でも、何か感じるものがあったんでしょうね。

一応それまでもオステオパシーのテクニックである

「筋エネルギーテクニック」を使っていた事もあって

オステオパシーの良さを知りつつあったので

少しずつ自分なりに工夫しながら使ってみたんです。

そしたら案外効果が出るので

「本格的に勉強してみよう」と思ったら

教えてくれるところがありませんでした。(笑)

Q
あらあら、それは困りましたねえ

日本では勉強できる所が無いんですか?

A
今は立派な組織もできているようですが

当時(1993年頃)はまだね。

仕方なく本を見ながら自分で勉強し始めました。

Q
そんなので誰でもできるようになるもんなんですか?

A
どうでしょう?

誰にでも出来る事ではないかもしれませんね。

Q
そうですよね、ちらっと本を見せてもらいましたけど

私には何が何だかちんぷんかんぷんで。(笑)

A
まあ、好きだったのと、適性があったのかもしれません。

Q
やっぱりこの仕事をするために

生まれてきてるのかもしれませんね。

それで、すぐできるようになったんですか?

A
いやいや、そんな簡単なものじゃありません。

今のミオンパシーの元になったのが

先ほども触れたオステオパシーの

複数ある技術の中のひとつ

「ストレイン・カウンター・ストレイン」


というものだったんですが

本には筋肉がゆるむ原理と

それを使って関節の可動性を取り戻す方法が

簡単に説明してあるだけでした。

Q
その本からどうやって

今の施術方法を考え出されたんですか?

A
本を見たり患者さんに試したりしながら

徐々に出来上がってきたという感じです。

たまたま同じオステオパシーの

「筋エネルギーテクニック」をその前から使っていたことと

私はどうも

骨より筋肉の方に興味があるので

「ストレイン・カウンター・ストレイン」の本を見ながら


関節可動化のための姿勢が

特定の筋肉を緩めるものであることに気が付いたので

全身のあらゆる筋肉を緩めるための姿勢を見つける事

なるべく楽な姿勢で行う工夫


さらに

あらゆる症状に関連する筋肉を

調べていき
ました。

例えば


このタイプの腰痛にはこれとこれの筋肉が関係する

その筋肉の過緊張を和らげるにはこの姿勢が有効


また

筋肉がこういう状態では筋エネルギーテクニック

これならストレイン・カウンター・ストレイン


という風に。

それに始めから行っていたカイロプラクティックのSOTの

内臓反射テクニック


アプライドキネシオロジー

(カイロプラクティックの診断法)等を加えて

今のミオンパシーの形になってきました。

これならいぎあ☆すてーしょんにお越しの方達の

大方の症状には対応できる

と一段落したのが7年目ぐらいです。

Q
やっぱりそれぐらいはかかるものなんですね。

それで完成ですか?

A
いやいや、まだまだですね。

それからも少しずつ改良を加えながら

施術する毎日です。

ミオンパシーを開発する過程で生まれたのが

筋肉ロックという考えと名称

漫画で学ぶ筋肉ロックのしくみ

what's筋肉ロック?

最近ではミオンパシーでは

筋膜リリースも同時に行っているのではないか


ということについても考察し始めているところです。

きりがないですね。

Q
そうか~、奥深いものなんですね。

他にもいろいろ勉強されたんですか?

A
そうですね、代替療法としては「アロマテラピー」。

体質学では「ヨガ」「アーユルヴェーダ」「胚葉学」。

心の問題に関しては

「選択理論心理学」「バッチフラワーレメディ」。

栄養に関しては「分子栄養学」。

ボディワークと言われるものでは

「アレキサンダーテクニック」「フェルデンクライスメソッド」

「ロルフィング」「ヘラーワーク」など。

ボディワークに関しては少し囓った程度ですけど

心や体に対する考え方など共通するものが沢山あって

自分のやっている事が間違ってなかったのかな

と思わせてくれました。

施術の仕方に関しては突然ひらめいたりすることもあるし

それに人の体自体が

まだまだ解明されていない部分の方が多いと思いますよ。

だからそういった工夫は永遠に続くと思っています。

Q
なるほど~。

ところで院長の施術はとってもソフトで

私なんか途中で寝てしまう事もあるんですが

意識してソフトな施術を心がけておられるんですか?

A
そうですね

元々いぎあ☆すてーしょんに来られるということは

何らかのストレスを持っているはずなので

施術の際にできるだけ新たなストレスを与えないように

心がけています。

Q
だから院長のテクニックはボキボキ鳴らさないんですね。

A
自分が受けたときに

「これは恐いな」とストレスを感じたので

そういうテクニックを使わない方法を

ずっと探していたんですよ。

ただ、それが全く平気な方もおられるし

むしろボキボキッという音が鳴った方が

矯正されてるという実感があって好き

という方もおられるので

それはそれで構わないとは思いますけどね。

Q
そうか~、人それぞれ好みがありますもんね。

いぎあ☆すてーしょんは内装がとっても素敵で

私は大好きなんですけど

それもやっぱり来られた方を

リラックスさせるということを意識されてるんですか?

A
そうですね。

部屋に入った途端緊張するようでは

施術効果も上がりにくいですしね。

院長のミオンパシー哲学のページへ続く


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

お電話でのご予約は
072-632-9430


ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん
大阪本店以外の直営店は以下4店舗

いぎあ☆すてーしょん東京白金台いぎあ☆すてーしょん芦屋いぎあ☆すてーしょん五反野

いぎあ☆すてーしょん湘南


その他各地でミオンパシー習得者が開業しています
全国ミオンパシー施術院リンク


ご自身の症状や、整体法について質問がある方は

いぎあすてーしょん大阪お問い合わせ
072-632-9430


facebook