新手技療法ミオンパシー施術サロン いぎあ☆すてーしょん大阪筋肉ロックを外して慢性痛を改善ミオンパシー 本文へジャンプ
 HOME > 大腰筋


igiastationをフォローしましょう
間違いだらけの腰痛治療コラム

腰痛関連間違った常識と正しい知識コラム

頭痛・肩こり寝違え間違った常識と正しい知識コラム

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

接客力を上げる体質学の知識

いぎあ☆すてーしょんオンライン予約

慢性腰痛にお悩みの方

皆さんは、腰痛に関してたくさんの勘違いをされています。

だから、腰痛が治らないのです。

そのひとつ

姿勢が悪いから腰痛になる
腹筋運動をすると腰痛になる
というのは間違いです



腰が悪いから猫背になるのです



では、腰が悪いとなぜ猫背になってしまうのでしょう?

その理由は?

体の痛みの9割は自分で治せる
大腰筋が縮むからです。

大腰筋をゆるめるだけで

80%の腰痛は改善しますし、猫背も改善します

今、慢性腰痛でお悩みの方は、まず下記をチェックしてみてください。

大腰筋の縮み度合いチェック

○少し長くイスに座っていると、立ち上がるときに腰が伸びにくい、または腰が痛む
  (特にソファのように腰が沈み込むイスに座った後はその傾向が強い)

○長い時間立っていると腰が痛くなってくる

○絶えず腰がだるい、または重い

○中腰の姿勢で腰が痛くなりやすい

○背筋をまっすぐ伸ばして立つ、または座るのがつらい
  (猫背気味にしているのが楽)

○仰向けに寝ると背中が浮いて、手やタオルをそこに入れたくなる

○寝るときは横向きで股関節を曲げて寝るのが楽

○朝起きたときに痛いことが多い

○下腹が出ている

○ヒップが下がっている

いかがでしょうか?


当てはまっている項目が多ければ多いほど

あなたの腰痛が大腰筋が原因の腰痛である可能性は高くなります。

もし当てはまっている項目があれば

ここからの情報は、かなりお役に立つものになるはずです。

ぜひ、読み進めてみてください。

おおげさでなく、これからの人生が大きく変わるかもしれません。


大腰筋はどんなもの?

大腰筋大腰筋は
仕事力を一瞬で上げるカラダのスイッチ
腸骨筋や小腰筋とまとめて「腸腰筋」

と呼ばれている筋肉のうちのひとつです。

その中で


長さが最も長く、大きな力を発揮するのが「大腰筋」


です。

大腰筋は、真ん中より少し下ぐらいの背骨から

一番骨盤に近い背骨まで付いています。

その場所から、骨盤の前を通りオステオパシー(ミオンパシー)腰痛施術テクニックDVD

太ももの骨の内側(小転子)に付いています。

大腰筋は背骨の左右にあります。



大腰筋の働きは?


大腰筋は、直立姿勢の時

骨盤を前傾(背骨を前彎)位置に保つ仕事をします。

わかりやすく言うと
猫背気味にならないようにするということです。

医学的にはそういう説明がされます。

実は、この説明が腰痛を治らなくさせてしまっているのです。

それだけならまだしも

腰痛を悪化させてしまうことさえあります。


オステオパシー(ミオンパシー)肩こり施術テクニックDVD

大腰筋が弱ると腰痛になるって本当?



一般的には

大腰筋が弱ると猫背になり、腰痛になりやすいので

大腰筋・腹筋背筋などを鍛えましょう。

ということがよく言われています。

しかし、実際には、当院に腰痛でお越しの方を診てみると

大腰筋や腹筋背筋が弱って腰痛になっている方は、ほとんどおられません


むしろ

大腰筋や腹筋を鍛えすぎて腰痛になった方の方が多い


ぐらいです。

スポーツ選手が腰痛で悩んでいるのを、よくお聞きになると思います。

高校生などが部活で腰痛になる、という場合も沢山あります。

これらの方達の大腰筋や腹筋背筋が弱い、とは思えませんね。

実は
医学が犯している間違いは
オステオパシー(ミオンパシー)膝痛施術テクニックDVD
大腰筋は下から背骨を引っ張る

としか考えていないことから起こっています


なぜなら

股関節を固定されたものとして考えているからです。

でもどうでしょう?

一度立ってみてください。

そしてお尻を前後に動かしてみてください。

動きますよね?

それは股関節が動くから前後に動かせるのです。

つまり


背骨が上から股関節を大腰筋によって引っ張る
WinWinになる施術院のための成功法
ということもあるのです。

むしろそういうケースの方が多いのです。

股関節を動かさないで

背骨だけを前後に動かす方がかえって難しくないですか?



大腰筋がどうなると、腰痛になる?


当院にお越しになる方達の例でいうと

1.大腰筋が縮んで背骨側(腰椎)から股関節を引っ張り上げる

2.そうすると、股関節が前に移動し、骨盤が後ろに傾く

3.腰椎の前わんが少なくなり、猫背になる

4.腰の筋肉(背中側)の筋肉に負担がかかる

5.腰痛になる

という方が、圧倒的に多い
のです。

なぜなら、いぎあ☆すてーしょんの新手技療法ミオンパシーで


縮んだ大腰筋を緩めて元の長さに戻すと、腰痛が改善する方が大多数


だからです。

※慢性腰痛を改善するのに、実際は大腰筋だけを緩めるわけではありません。

ミオンパシーでは、慢性腰痛の原因である筋肉を何種類も発見しており

それらすべての筋肉の機能異常=筋肉ロックを正常に戻す技術を持っています。



無料のメールマガジンを8通読むだけで、初回施術代が割り引き料金で受けられます。

                  ↓

慢性痛改善情報いぎあ無料メールマガジン


「待ってられない。すぐにでも受けたい」という方は
            ↓

いぎあ☆すてーしょんオンライン予約



もう腰痛の原因はお分かりですね?

脊柱(背骨)前に曲げる、後ろに反らせる筋肉
大腰筋が縮むと猫背になる

そして腰痛になるのです。

わかりやすく画像で説明します。

このコラムの
「大腰筋の働きは?」の項に書きましたが

大腰筋には上体を曲げる働きがあります。

ですから、大腰筋が縮んでしまうと、

背筋をまっすぐすることがつらくなります。

また、上体を後ろに反らせにくくなったり

前に曲げた上体から起こすことが困難になったりします。


それは大腰筋が背骨と股関節を上下に引っ張るからです。

左図のように、背骨の前後には

体を前に曲げる筋肉と

後ろに反らせる筋肉があります。

これらのバランスが上手く取れているときは


背骨自体にも、前後お互いの筋肉にも

何の負担もありませんが

背骨を前に曲げる筋肉(大腰筋など)が縮むと

張力のバランスが崩れ

後ろに反らせる筋肉(広背筋など)への負担が強く
なります。


縮んだ大腰筋はどうやって緩めるのか?


大腿直筋いぎあ☆すてーしょんでは、大腰筋と、もうひとつ股関節を曲げる働きの強い

大腿直筋の他、最大7種類の筋肉を一緒に緩めます。

骨盤の歪みなどを調整するときに

これらの筋肉の強張りを同時に緩めます

徹底的に大腰筋や大腿直筋など

腰痛の原因になる筋肉の強張りを緩め
ます。

そうやって大腰筋と大腿直筋など腰痛の原因になる筋肉を緩めると

体を後ろに反らせたりすることが楽になりますし

ベッドの上に仰向けで寝たとき

背中がピッタリとベッドに着くようになります。

施術後には、背筋がまっすぐ伸びて猫背が改善されます。

視線が高くなり「背が高くなった気がする」という方も多いです。

こういう風な状態がキープできれば、もう腰痛に悩まされることはなくなります。

これが


他でなかなか良くならなかった腰痛が

いぎあ☆すてーしょんの新手技療法ミオンパシー「ミオンパシー」で楽になる理由

です。


※ただし、上記の内容は、筋性腰痛症による腰痛症に関してのもので

医師の治療を要する、病気などが原因の腰痛に関しては

この限りではありません。

しかし


2013年12月、日本腰痛学会、日本整形外科学会は

共同声明で

腰痛の85%は原因が分からない

と発表しました。

ほとんどの先生方が腰痛の原因を特定するために行う

レントゲン・CTスキャン・MRI

などの画像診断では15%しか原因を発見できない。

と、はっきり言っているのです。


そう、多くの皆さんが腰痛改善で頼りにする整形外科の先生方は

腰痛の原因を知らないのです。


しかも、実は「分かる」と言っている中に

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症 が各5%計10%含まれていますが

これらもまた、腰痛の原因ではありません。

詳しくお知りになりたい方は、椎間板ヘルニアは腰痛の原因ではない

を、お読みください。

ということで、実は・・・

整形外科などの病院で発見できる慢性腰痛の原因は

5%

しかないのです。


そして残りの95%は筋肉が原因です。

だから、今の西洋医学でまったくといっていいほど研究されていない筋肉性の痛みは

整形外科では治らないのです。

私たちは1994年から、のべ数万人の慢性腰痛を改善させてきました。

腰痛を改善する為に、大腰筋を鍛えたり

一生懸命腹筋・背筋運動を行っている方

今すぐ止めて下さい。


よけいにひどくなるかもしれません。

貴方の腰痛は

大腰筋を始めとした

股関節を曲げる筋肉の
ロック(拘縮)が原因

なのです。



無料のメールマガジンを8通読むだけで、初回施術代が割り引き料金で受けられます。
                  ↓

慢性痛改善情報いぎあ無料メールマガジン


「待ってられない。すぐにでも受けたい」という方は
            ↓

いぎあ☆すてーしょんオンライン予約





慢性腰痛の改善のためには


しかるべき方法でロック(拘縮)を解除する必要があります



       筋肉のロックとは?

         正常な筋肉
        
正常な状態の筋肉
  
               矢印
ストレスがかかって引き伸ばされた筋肉
急激な負荷 大きな負荷、精神的なストレス などがかかると

               矢印

        傷つかないように守るために縮んだ筋肉
   
筋肉自体や関節を守るために縮む
                矢印

       ロックが慢性化して縮んだままの筋肉
  
ロックがかかって縮んだ状態の筋肉


このように、車のシートベルトと似た仕組みが筋肉にはあります。

ロックはうまく解除しないと
数十年もそのままのこともあります。

いぎあ☆すてーしょんには、貴方の腰痛の原因になっている

筋肉のロック(拘縮)を解除する方法があります。


「ミオンパシー」で筋肉のロックをソフトに解除

         ロックを外すために筋肉を緩める
筋肉がもっともリラックスする姿勢を取ります。
        ミオンパシー施術

               矢印
ロックが解除されて元の正常な長さに戻る筋肉
90秒保持した後、ゆっくり元に戻します。
          ミオンパシー施術

                矢印
           正常な状態の筋肉 
筋肉は正常な長さに戻り、痛みやコリが解消します。



このページを読まれているあなたが

腰痛がなかなか治らない

ことに悩んでおられたら

今すぐ腹筋背筋運動などは止めて

一度「いぎあ☆すてーしょん」の新手技療法ミオンパシーを受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な手技療法

「ミオンパシー」で

あなたの腰痛の解消をお手伝い致します。



整形外科医が認めた整体師と言ってくださった加茂先生の加茂整形外科医院

無料のメールマガジンを8通読むだけで、初回施術代が割り引き料金で受けられます。
                  ↓

慢性痛改善情報いぎあ無料メールマガジン


筋肉がロックしていたせいで何度治療しても戻ってしまっていたなんて

迷っているよりは

まず一度受けてみられたらいかがでしょうか?


「待ってられない。すぐにでも受けたい」という方は
            ↓

いぎあ☆すてーしょんオンライン予約

Facebookリンクいぎあ☆すてーしょんFACEBOOKページにいいね! 



お電話での予約お問い合わせは
TEL 072-632-9430


腰痛が良くなるのかどうかをご相談ください

いぎあすてーしょん大阪お問い合わせ

その他各地に、「ミオンパシー」習得者が開業しています。

全国ミオンパシーサロンリンク


整体院 いぎあ☆すてーしょんTOPページへ戻る