新手技療法ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん大阪本店
筋肉の機能異常=筋肉ロックを解除して慢性痛改善ミオンパシー
総院長松尾ブログ間違いだらけの慢性痛治療スクールのご案内いぎあ☆整体塾
 HOME>湿布痛み止め

いぎあ☆すてーしょんFACEBOOKページにいいね!してください。
いろいろな情報をアップしていっています。
いいね!を下さった方だけにお得な情報も。

igiastationをフォローしましょう

間違いだらけの腰痛治療コラム

一覧
腰痛には腹筋を鍛える?
腰痛には湿布?
腰痛体操は×?
腰痛に牽引療法は無効
ぎっくり腰はクセになる?
腰痛の原因は背骨の変形?
スポーツは腰に悪い!?
椎間関節と腰痛
ヘルニアは腰痛の原因!?
ヘルニア手術で本当に治る?
レーザー手術は大丈夫?
腎臓が弱ると腰痛に?
腰痛と腎臓の関係は?
腰を前に曲げると痛いのは?
前に曲げると痛む人の性格
座骨神経痛

痛いところは悪くない

筋肉の強張りは永遠!?


腰痛関連間違った常識と正しい知識コラム

頭痛・肩こり寝違え間違った常識と正しい知識コラム

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

スポーツ関連情報

自律神経のアンバランス

接客力を上げる体質学の知識
いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

湿布や痛み止めの薬を使わずに

腰痛が治る方法





腰痛に対して湿布や痛み止めの薬を使うと

治りを遅くします

湿布や痛み止めの薬などの効能

・炎症を鎮める
・痛みの原因物質プロスタグランディンの発生を抑える
・脳や脊髄の疼痛中枢に作用して、痛みを少なくしたり
なくしたりする

etc.というものです。

これが、何故腰痛を治せないのでしょう?

それは

腰痛に対して

湿布や痛み止めでは、「根本解決」にならない

からです。

対症療法でしかありません。

なぜ、腰痛に湿布や痛み止めの薬を使っても

対症療法に過ぎず

根本的な解決にならないかというと...

湿布や薬は症状を抑えるためのものであって

治すのは、みなさんの体自身(自然治癒力)だからです。

腰痛の場合、自然治癒力を効果的に発揮させるためには

なぜ、腰痛になるのか?


ということを知らなければなりません。


まず、
腰痛の「ほとんどの原因」というものが

あります。

医学書には、腰痛の原因として

・腰椎椎間板ヘルニア
・腰部変形性脊椎症・脊椎分離症
・脊椎すべり症
・内科系の病気
・腰部脊柱管狭窄症
・骨粗鬆症による圧迫
・骨折
・「筋性腰痛症」

などがある。

とされていますが

実は...

腰痛患者さんのほとんどは「筋性腰痛症」です。

筋性腰痛症は、
筋筋膜性腰痛症とも言われます。

この筋性腰痛症(筋筋膜性腰痛)以外の腰痛に

湿布や痛み止めを使って治そうとする人は

いないと思いますが

整形外科などに行かれて

「骨には異常ないですね、病気も特になさそうだし」

と言われたら

ほとんど筋性腰痛だと思って間違いないでしょう。

そして、湿布や痛み止めは

この筋性腰痛症(筋筋膜性腰痛)に対して

使われるものです。

ところが

筋性腰痛症(筋筋膜性腰痛)の
表面上の原因

炎症やプロスタグランディンの発生かもしれませんが

「根本原因」は

炎症やプロスタグランディンの発生ではない
のです。

いぎあで行う手技ミオンパシーの考え方では

筋性腰痛症(筋筋膜性腰痛)の

根本原因は


筋肉の強張り(拘縮)=筋肉のロック



それにともなう関節の可動不全

               

です。


拘縮とは...

1.1回だけの刺激によって生じる筋肉の持続的な収縮。痙縮(けいしゅく)
2 関節に原因がなくて、関節が動かなくなる状態。関節性拘縮。


by 大辞泉



これを解決しないと

筋性腰痛症(筋筋膜性腰痛)は本当の意味での改善はしません。

炎症や痛みは、筋肉の強張り(拘縮)が原因でおこる

「症状」に過ぎない

のです。

ですから

症状をいくら抑えても

本当の原因が解消されない限り

腰痛は改善されない


ということになります。


慢性痛改善情報いぎあ無料メールマガジン
百歩譲って、湿布や痛み止めは

ぎっくり腰などの炎症を伴う急性の腰痛には

痛みを和らげるという効能
があるかもしれません。

しかし、それも内容成分の

「血管を収縮させて、炎症物質が流れ出すのを抑える」

という作用によるものです。

つまり...

炎症物質がドドーッと大量に流れ出ると痛みがひどいので

血管を縮めて流れ出る量を少なくし

ジワジワッとした痛みにしましょう。

ということです。

ですから
腰痛を治す、という意味からはかなり離れている

事になります。

その上、この


「血管を収縮させて、炎症物質が流れ出すのを抑える」


という作用に関しても

「流れるものは早く流し出してしまって

組織の修復を行うリンパ球を

一刻も早く傷ついた箇所に送り届ける方が良い

いつまでも炎症物質が居座っていたら

リンパ球が現場に行きにくいから」

という説が最近出てきています。

これは確かに一理あると思います。

ですから、私はぎっくり腰の方には

「よほどひどくて、寝られないほどの痛みでなければ

何もしないで安静にしてて下さい。

炎症の痛みである『ギクッとかズキン』という痛みが

ある程度治まったら施術しましょう」

とお伝えすることにしています。

ましてや慢性の筋性腰痛症(筋筋膜性腰痛)に関しては

「湿布や痛み止めを使うなんて、なにをかいわんや」ですね。

ここまでお読みの方にはご理解頂けると思います。

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

特に

「血管を収縮」させるというのは交感神経の興奮作用

なので、筋性腰痛症(筋筋膜性腰痛)に対して

湿布や痛み止めを継続して使い続けると

「慢性的な交感神経の興奮状態」

を作り出す恐れがあります。

慢性的な交感神経の興奮状態は

腰痛以外の新たな痛みや病気を引き起こす可能性

を持っていますので

もし、使うにしても長期間に渡って使い続けることは

避けられた方が良いと思います。


〜生活習慣病の8割ぐらいは

慢性的な交感神経の興奮状態が原因である〜

と言われています。

交感神経の慢性的な興奮状態を作り出す原因に

筋肉のロック(拘縮)があります。

整形外科医が認めた整体師と言ってくださった加茂先生の加茂整形外科医院
 

筋肉のロック(拘縮)

筋肉や関節に無理な力がかかった時に起こります。


その場合


しかるべき方法でロック(拘縮)を解除する必要があります

ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり、引っ張ったりしても

解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

腰痛はなかなか改善できないのです。

もちろん、痛み止めや湿布では決して解除されません。

むしろ患部の血流を悪化させることで

ロックを固定させてしまう可能性が高いと考えられます。

筋肉ロック           


このページを読まれているあなたが

腰痛で悩まれていて

「早く良くなりたい」

「腰痛から解放されたい!」と

思っていらっしゃるのなら

薬や湿布に頼らず

一度「いぎあ☆すてーしょん」の整体を受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

「ミオンパシー」で

あなたの腰痛の解消をお手伝い致します。


慢性痛改善情報いぎあ無料メールマガジン

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

お電話での予約お問い合わせは
072-632-9430

ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん 
大阪本店以外の直営店は以下3店舗

いぎあ☆すてーしょん東京白金台いぎあ☆すてーしょん芦屋いぎあ☆すてーしょん五反野



その他各地に「ミオンパシー」習得者が開業しています。

全国ミオンパシーサロンリンク



ご自身の症状や、整体法について質問がある方は
いぎあすてーしょん大阪お問い合わせ

TEL 072-632-9430

「痛み」(腰痛)は(腰に)「悪い所があるよ」と

教えてくれているサインです。

そう教えてくれたら「そうなの?悪い所って何処?

どうしたら治るかなあ?」

(痛みの発生する根本原因を探って、対処する)

と優しく体に聞くべきです。

それを

痛み止めの薬などで痛みを抑えると

痛くないためにロックのかかった筋肉に負荷をかけて

ロックをひどくします。

(痛み止めの薬が切れると痛みが出てくる)

痛みが出るたびに、痛み止めの薬を飲む。

効きにくくなると、量を増やしたり、強い薬に替える、等

を繰り返していると

「これは精神的なもののようなので、痛み止めでは治らない」と

ついには「精神科」にかかり

向精神薬などで廃人にまでなってしまうケースさえあります。

薬への依存はそれだけ怖いのです。

症状を抑えることだけでなく

根本的な原因を無くすことをお考えください。



いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約
 

since 1992Copyright(C)1995-2016 大阪茨木整体院 いぎあ☆すてーしょん All Rights Reserved