新手技療法ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん大阪本店
筋肉の機能異常=筋肉ロックを解除して慢性痛改善ミオンパシー
総院長松尾ブログ間違いだらけの慢性痛治療スクールのご案内いぎあ☆整体塾
 HOME>腰痛セルフ整体7



いぎあ☆すてーしょんFACEBOOKページにいいね!してください。
いろいろな情報をアップしていっています。
いいね!を下さった方だけにお得な情報も。
間違いだらけの腰痛治療コラム

腰痛関連間違った常識と正しい知識コラム

頭痛・肩こり寝違え間違った常識と正しい知識コラム

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

スポーツ関連情報

自律神経のアンバランス

接客力を上げる体質学の知識


一覧

腰痛改善セルフ整体1
腰痛改善セルフ整体2
腰痛改善セルフ整体3
腰痛改善セルフ整体4
腰痛改善セルフ整体5
腰痛改善セルフ整体6
腰痛改善セルフ整体7

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

自分でできる

腰痛解消のためのセルフ整体
 


腰を前に曲げるときに痛む
(屈曲制限)タイプの

腰痛の軽減5



脊柱起立筋・腰方形筋・広背筋

いぎあ流ストレッチ

上記の筋肉が硬くなっている(筋肉ロック)

ことが痛みの原因です。

柔らかくするために効果の薄い方法を

取らないようにしてくださいね。


漫画で学ぶ筋肉ロックのしくみ

これらの筋肉は、どれも


上体が前に曲がった姿勢から起きあがる。

立っている時に背筋を伸ばしている姿勢を保つ。

などの働きをします。

屈曲制限(前に曲げると痛い)を伴う腰痛では

原因となる筋肉は色々ありますが


実際に痛みを感じたり

傷ついたりするのはこれら背中側の筋肉
です。

ぎっくり腰など

ズキンというような鋭い痛みを感じる時は

急性期で、組織に炎症が起こっている可能性が高いので


これらの筋肉をストレッチしたりしないで


「屈曲制限をともなう腰痛の軽減シリーズ」でお伝えしてきた

他の筋肉のいぎあ流ストレッチを行って下さい。

これら背中側の筋肉に「重だるい」とかの鈍痛がある時には

慢性期に入っていますので

今からお伝えするいぎあ流ストレッチを行って頂くと

楽になります。

内臓的には、脊柱起立筋群は膀胱と関係します。

腰方形筋は盲腸(虫垂)、ここは免疫とも関係します。

広背筋はすい臓です。

お酒の飲み過ぎや甘いものの食べ過ぎ

野菜不足などに思い当たる人で

屈曲制限をともなう腰痛症の方は

姿勢だけでなくそれらにも注意しましょう。

いぎあ☆すてーしょんでは

ミオンパシーの手技を応用した

「セルフ整体」をおすすめしています。

そちらの方がより効果的ではあるのですが

このページでは
少し違った方法を載せています。

効果が長持ちしにくいところがあるのですが

即効性があります。

筋肉は鍛えたり、無理に伸ばしたり

もんだりしても慢性痛には効果がありません。

筋肉は無理なく穏やかに緩める方が

慢性のこりや痛みを取るには効果的だと

感じていただければと思います。

☆ただし、ストレッチはあくまでも応急処置で

対処療法です。

ストレッチで腰痛が治ってしまうことはないので

そこは頭に置いておいてください。

ミオンパシーセルフ整体教室のページはこちらから


●
脊柱起立筋、腰方形筋のいぎあ流ストレッチ

この二つはバラバラに伸ばしにくいので

一緒に伸ばす事になります。

.まず床に座り、両膝を曲げてあぐらをかくようにしますが

  両方の足の裏を合わせるようにして

  なるべく体の近くにその両足を持ってきます。

2.そのまま体を斜め前に倒していきます。

  左前方に倒す時には

  左足の足首の辺りに顔が来るぐらいの位置に

  倒していきます。

3.腹筋と足を掴んだ手(腕)の力で

 「これ以上は曲がらないぞ!」

 という所まで曲げたら、その位置で大きく息を吸います。

4.息を吸うと体が起きあがろうとしますので

 それを腹筋と足を掴んだ手(腕)の力で
 起きあがらないようにしながら

 3秒程度息を止めます。

5.息を吐きながら体をさらに左斜め前方に倒していきます。

 右の腰の付近に「伸びてる」という感覚があればOKです。

6.それを3〜5回程度繰り返します。

 片方が終わったらもう片方を同じように行います。

7.左右をしたら、次は両方を一緒に緩めます。

 両方一緒に伸ばすにはまっすぐ前に体を倒します。

 足を持って腕の力と腹筋を使って倒します。
 あとは同じです。


●
広背筋のいぎあ流ストレッチ

脊柱起立筋、腰方形筋のストレッチと異なるのは

広背筋の場合上腕骨に繋がっているので広背筋
腕を頭の方に上げる事でストレッチできる


というところです。

逆に
脊柱起立筋、腰方形筋のストレッチで

腕を伸ばしたりすると

目的の筋肉が伸びないので注意

して下さい。

腰痛改善無料メールマガジン

1.右の広背筋を伸ばす場合

 脊柱起立筋、腰方形筋のストレッチ姿勢から

 左脚だけを左斜め前に伸ばします。

 左の膝は、太ももの裏がきつくない程度に

 曲げておいても大丈夫です。

  
2.右手で左足の小指側(外側)を掴むようにして

 体を左前に倒していきます。

 太ももの後ろがきつくて手が届かないようなら

 さらに左膝を曲げても大丈夫です。

3.右の背中に突っ張り感が出て

 これ以上曲げるのはきついなあと感じたら

 その位置で大きく息を吸いましょう。

 あまり突っ張り感が無いなあと感じたら

 左の外側の腹筋に軽く力を入れて収縮させ

 右の背中を上に持ち上げるように

 あるいは


 
右腰をやや後ろに突き出すような感じにすると

 伸ばしやすいです。

4.その姿勢のまま息を吸うと

 上体が起きあがるようになりますので、

 足を掴んでいる手に力を入れて

 起きあがらないように止めます。

5.3秒ほど息を止めた後

 吐きながら上体をさらに左前に倒していきます。

 もしくは、上記のようにして

 右背中を反らせるようにしていきます。

 これを3〜5回ほど繰り返します。右が済んだら 反対側です。

6.左右が終わったら両方いっぺんに伸ばしましょう。

 両足とも前に伸ばします。


 
膝は手で足先がつかめる程度に曲げておいて下さい。

 両膝を伸ばしたままつかめる人は

 もちろん伸ばしたままでけっこうです。

7.左右別々に伸ばした時と同じように

 両手を前に伸ばして上体を倒して足先をつかみます。

 その位置で大きく息を吸い

 上体が起きあがろうとするのを止めます

8.3秒程度止めた後、息を吐きながら

 腰を後ろに引くようにすると背中が伸びます。


  
これを3〜5回繰り返します。

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

どのいぎあ流ストレッチを行う時も

散歩やジョギングなど運動後の方が伸ばしやすいので

なるべく体が温まった状態で

行うようにしてもらったほうが効果的です。

お風呂程度だと入らないよりはマシ、というぐらいなので

できれば自転車に乗るような事でも良いので

20分ぐらいは体を動かした後に行った方が

いぎあ流ストレッチの恩恵を受けやすいですよ。
 体の痛みの9割は自分で治せる
脂肪も燃焼して一石二鳥です。

セルフ整体について詳しくは

右の本をご参照ください。

もっと効果的に自分で腰痛を軽減できる方法があります。

まずは右の本をご参照ください。

自分でできるセルフミオンパシーの教室を

全国各地で開催しています

実際に教わりながらやってみたいという方はこちらから

体の痛みを自力で治す本

セルフミオンパシ−教室



このセルフ整体をマスターすれば

かなりの方の腰痛予防になるのではないかと思います。



これらのいぎあ流ストレッチなどでは改善しない

という場合は

筋肉が強くロックしている可能性があります。


筋肉のロック(拘縮)

筋肉や関節に無理な力がかかった時に起こります。


その場合、
適切な方法で

ロック(拘縮)を解除する必要があります


ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり

引っ張ったりしても解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

腰痛はなかなか改善できないのです。

もちろん、痛み止めや湿布では

決して解除されません。

むしろ患部の血流を悪化させることで

ロックを固定させてしまう可能性が高い

と考えられます。



what's筋肉ロック?

腰痛改善無料メールマガジン



このページを読まれているみなさんが

腰痛で悩まれていて

早く良くなりたい

腰痛から解放されたい!


思っていらっしゃるのなら

薬や湿布に頼らず

一度「いぎあ☆すてーしょん」の

新手技療法ミオンパシーを受けてみられませんか。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

「ミオンパシー」で

あなたの腰痛の解消をお手伝い致します。

あなたの腰痛の原因が

自分では緩めきれない筋肉のロック

かもしれないと思われたら

ぜひ一度「ミオンパシー」をお試し下さい。

まずは1度だけでけっこうですので

安心安全で体に優しい

新手技療法ミオンパシーを

試してみてください。



貴方の体にもあちこちに

筋肉ロックがあるかもしれません。

私たちは、筋肉ロックを見つけて

解除する技術を持っています。

一度だけでもお受けいただいた上で

これいいかもしれない

これでなおるかもしれない

と、感じられたら

そこで改めて通院なりを

考えていただければと思います。

あくまでも平均ですので

人によって異なりますが

通常、慢性の腰痛の改善は

5〜6回の通院が目安です。



これで良くなるかもしれない

もしくは


これでは無理そうだ

の判断は、たいていの場合

初回の施術で

感じていただけると思います。

効果を感じられないまま

何回も頻繁に

通っていただくようなことは

していません。

安心してご予約ください。

慢性の腰痛から解放されるために

ネットからでもお電話でも

ご予約お待ちしています。



いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

お電話でのご予約
072−632−9430


オンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん 
大阪本店以外の直営店は以下4店舗
いぎあ☆すてーしょん東京白金台 いぎあ☆すてーしょん芦屋
いぎあ☆すてーしょん五反野


その他各地で、「ミオンパシー」習得者が開業しています。
ミオンパシーが受けられる整体院


ご自身の症状や、整体法について質問がある方は
お問い合わせ先
072-632-9430

腰痛改善無料メールマガジン

加茂整形外科医院リンク

間違いだらけの腰痛治療  大阪茨木市整体院 いぎあ☆すてーしょん