新手技療法ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん大阪本店
筋肉の機能異常=筋肉ロックを解除して慢性痛改善ミオンパシー
総院長松尾ブログ間違いだらけの慢性痛治療スクールのご案内いぎあ☆整体塾
 HOME>花粉症原因と対策


いぎあ☆すてーしょんFACEBOOKページにいいね!してください。
いろいろな情報をアップしていっています。
いいね!を下さった方だけにお得な情報も。


間違いだらけの腰痛治療コラム
肩こりの原因
胃が弱ると左肩がこる!?
左肩こりを軽くするには?
右肩がこる原因
せっかちだと右肩がこる!?
頭痛の原因
頭痛解消のポイントは?
続、頭痛解消のポイント



痛いところは悪くない
目の疲れ

日々の施術より 首の痛み
日々の施術より 背骨の動き

猫背は整体で良くなるのか?
猫背の原因は

腰痛関連間違った常識と正しい知識コラム

頭痛・肩こり寝違え間違った常識と正しい知識コラム

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

スポーツ関連情報

自律神経のアンバランス

接客力を上げる体質学の知識

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

花粉症の原因と対策


花粉症は

目や鼻、喉、口腔内に症状が出ますね。

でも
目・鼻・喉・口が悪い

目・鼻・喉・口が花粉症の原因ではない

のです。


花粉症はアレルギー性鼻炎の一種で

ホコリやダニなどに反応する慢性(通年性)鼻炎に対し

季節によって起こる「季節性アレルギー性鼻炎」

というものです。

花粉症の起こるメカニズムに関しては

詳しいサイトがいっぱいあるので

(参考「集まれ花粉症の仲間たち」分かりやすくオススメのサイトです

そちらを見て頂くとして

ミオンパシーの立場から見た花粉症の原因などについて

お伝えします。


まず、大抵の方はひどい花粉症になると

「耳鼻咽喉科」に行かれますね?

これが大体おかしい、と私は考えます。

最初に書いたように「目・鼻・喉・口は悪くない」ので

耳鼻咽喉科に行って治そうとするのは本来無理があります。


皆さんもご存じのように花粉症は「アレルギー症状」です。

アレルギーは免疫系の症状です。ですから、本当は病院に

「免疫科」というのが作られなければいけません。

なので、免疫力を上げるために

「ヨーグルトを食べましょう!」と言われたりしています。

最近では内科などに「アレルギー科」が

併設されることも出てきてますので

そういうところが近くにある方は

そちらに行くことをお奨めします。


でも、根本的な治療法というのはなく

症状を抑える対症療法しか、今のところ無いようですね。

しかも医学的には「自然に治ることはない」と言われてます。

それでも「薬には頼りたくない」「できれば自然に治りたい」

という人がいると思います。

では、なんとか少しでも根本的な治癒に近づくために...


アレルギー症状というのは

花粉症に限らず副交感神経が活発な時(夜・朝方)に

起こりやすく

日中(交感神経の働きが活発な時)には

比較的出にくいものです。

また、40歳を過ぎると花粉症になりにくい

とも言われていますが

これは


若い時ほど副交感神経が活発に働き

年と共に交感神経の働きが活発になる

ためです。

小児ぜんそくが水泳などで改善するのは

運動で交感神経を刺激して

副交感神経の働きすぎを抑えるからですし

昔はアトピー性皮膚炎が小学校に入るぐらいに治ってたのも

徐々に副交感神経の働き過ぎが収まることによります。


つまり

アレルギーは「自律神経」の問題でもある


わけです。

そして、アレルギーは

栄養の問題
でもあります。

ビタミンAやタンパク質、鉄分などが不足して

粘膜が弱くなると

花粉症の元「花粉」という

「異種タンパク(体の中に元々ないタンパク質)」

が、入り込みやすくなります。

先に挙げた「ヨーグルト」は

腸内菌の善玉菌の働きを活発にして

栄養分の吸収を良くしましょう、ということです。

さらに

ビタミンAやタンパク質、鉄分などを多く含んだ食品を

積極的に摂ると効果的
です。

一つの例ですが

ウナギや牛肉、マグロなどとピーマン、にんじん等を

一緒に食べるといいですね。

そして、副交感神経を働かさない

というわけにはいきません(副交感神経も大事です)ので

ポイントは
交感神経と副交感神経の切り替えを

インバーターエアコンのように

スムーズに行えるようにすることです。

つまり、極端に交感神経が興奮すると

その反動で副交感神経も極端に働いてしまいます。

ですから一日のうちで交感神経が最も興奮しやすい

お昼頃から

徐々に副交感神経に切り替わるようにしてあげると

良いのです。

それには寝る前などに交感神経が過剰に興奮しないように

することが大切です。

交感神経が極端に活発になる「ストレス」や

「ストレスによる筋肉の強張り」を和らげるために


ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

寝る前などに無理のない程度にストレッチする

整体を受ける

寝る前に刺激の強い音や映像を受けない

アロマオイルなどで上手に興奮を鎮める


等を行うといいです

朝もギリギリまで寝ていて、目覚まし時計の音で飛び起きる

というようなことをしているとよくないので

少しだけ早めにセットしておいて

ゆっくり目覚める方がいいですね。

そしてのんびり朝食を摂りましょう。

「そんなことしたことない」

っていう人が殆どじゃないですか?

それをしようと思ったら、早めに床につくことが必要です。

夜更かしばっかりしていて

花粉症を改善したいっていうのは無理です。

あとは無責任な事を言ってしまえば

「澄んだ空気の所に移住する」のが良いですね。

都会のホコリや排気ガスなども

「花粉症」の症状を引き起こす要因ですから。

そして、自律神経の切り替わりを

スムーズに体が行うために必要なこと

それは、筋肉ロックを外しておくことです。

筋肉は交感神経と密接につながっています。

ですから、ストレスで交感神経が過剰に働くと

筋肉がロックしやすくなります。

その反対に

ロックした筋肉が交感神経を興奮させたりもします。

そのことが急激な自律神経の交換が行われる

原因にもなるのです。

つまり、筋肉のロックを外し

筋肉を本来の柔軟な状態に保っておくことで

自律神経の切り替えがスムーズに行われ

アレルギー症状が強く出ることを抑えられる

というわけです。


what's筋肉ロック?


自律神経のアンバランスを整えて

夜はぐっすり、朝はすっきり、という毎日を送りたい!

それならば、一度いぎあ☆すてーしょんの

新手技療法ミオンパシーを受けてみてください。

施術直後にすぐ「あ〜なんかリラックスした〜♪」を

感じていただけると思います。


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

お電話でのご予約
072-632-9430


ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん 
大阪本店以外の直営店は以下3店舗

いぎあ☆すてーしょん東京白金台いぎあ☆すてーしょん芦屋いぎあ☆すてーしょん五反野



その他各地でミオンパシーをお受けいただけます
 全国ミオンパシー施術院リンク
いぎあすてーしょん大阪お問い合わせ

間違いだらけの腰痛治療  
大阪茨木市整体院 いぎあ☆すてーしょん