新手技療法ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん大阪本店
筋肉の機能異常=筋肉ロックを解除して慢性痛改善ミオンパシー
総院長松尾ブログ間違いだらけの慢性痛治療スクールのご案内いぎあ☆整体塾
 HOME>股関節痛原因2

いぎあ☆すてーしょんFACEBOOKページにいいね!してください。
いろいろな情報をアップしていっています。
いいね!を下さった方だけにお得な情報も。


間違いだらけの腰痛治療コラム

ひざについて
「変形性膝関節炎」以外のひざの障害
ひざの機能的障害
ひざのお皿の動きが悪い
ひざ(脛腓関節)の可動不全
足首のねんざについて
突き指の治し方1
突き指の治し方実践編
痛いところは悪くない
顎関節症
耳痛
首の痛み
歯茎の腫れは虫歯のせい?
肩が痛いんですけど
肩痛2
背中のみは肝臓の疲れ?
腱鞘炎の原因は?
腱鞘炎2
股関節痛
股関節痛が肩で改善!?
座骨神経痛
膝の痛み
足首の痛み
日々の施術より 首の痛み
日々の施術より 背骨の動き
筋肉の強張りは永遠!?
猫背は整体で良くなるのか?
猫背の原因は


腰痛関連間違った常識と正しい知識コラム

頭痛・肩こり寝違え間違った常識と正しい知識コラム

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

接客力を上げる体質学の知識
いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

股関節痛原因2

肩関節に施術して

股関節痛が消えた!?


股関節が痛いのに

肩関節に施術したら

良くなってしまった

という症例があります。

その方は、元々違う症状で来られていたのですが

ある日

股関節が痛くて、知り合いの病院で診てもらったら

大腿骨頭に亀裂が入っている。手術するしかないが

しても良くなる保証は無い、って言われました。

良くなるかどうか分からないのに、手術はしたくないし

そこの看護師さんと親しいので

「今行っている整体で良くなるかな?」と 聞いてみると

「今まで他のところが良くなってるのならダメもとで行ってみたら?」

と言われたので… と言って来られたのです。

聞いてみると、2〜3週間ぐらいその状態で

ちょっとした段差の上り下りでも痛い

そうです。

炎症でも起こしているのでしょう、かなり辛そうです。

「良くなるかどうか判らないけどやってみましょうか。」

と言いながら 股関節を動かそうとしたら、痛くて動きません。

「うーん、困った。」

そう、いぎあ☆すてーしょんの整体は


動かしながら筋肉を緩めて痛みを取っていくので

動かせないと手も足も出ません


しかし、その方のすがるような目を見ると

「無理です」 とは、なかなか言えません。

しばらく考えた後


股関節と肩関節は連動している

ということを応用して

痛んでいる股関節の対角線側の

※肩関節と股関節は対角的に連動しています。

右の股関節と左の肩関節、 といった具合


肩の施術をやってみようと筋力テストを行なうと...

痛みはないのですが、まったく力が入りません。

反対側の肩関節は普通に力が入るのに、です。

「これは何とかなるかもしれない」 と思いながら

その肩周囲の筋肉の強張りを緩めていきました。

すると、最初は少し動かしただけでも

かなり痛んでいた股関節も

少し動かせるようになるではないですか。

それから5〜6回は来てもらったでしょうか。


肩関節に力が入るようになるに従って

股関節も痛みが減少し、可動範囲もだんだん拡がり

やがて、痛みも消えてしまいました


その後、股関節のレントゲンを撮ったとかいう話は

聞いていないのですが

現在は、普通に生活しておられるようです。

なので、亀裂がなくなったかどうかまでは判りませんが

やはり改善してしまったのでしょう。

これは

痛いところが悪かったが、違うところに施術して良くなった


という数少ない例でした。

この方の股関節の痛みに対して

どういった施術を行ったかというと

肩周囲の筋肉のロック(拘縮)を解除していきました。

筋肉(筋繊維)の中には

「筋肉の伸び縮みを感知する装置」(筋紡錘)

があります。

筋肉に無理な力がかかった時には、この装置が

「危ない!切れそうだ

引っ張られすぎないように縮んで守れ!」

という信号を出します。
 
そうすると、筋肉はギュッと縮んで

引っ張られても切れないようにします。

シートベルトと同じですね。

ギュッと縮んだ筋肉は、ただ放っておいても元に戻ることはなく

ズーッと縮んだままの状態が続きます。


これを
ロック(拘縮)と言います。

これが「筋肉のロック(拘縮)」です。

そしてこのロック(拘縮)は

「筋肉の伸び縮みを感知する装置」(筋紡錘)が

「もう緩んでも良いよ。」

という信号を筋肉に出さない限り解除されません。

数十年もそのまま

ということも珍しくありません。



股関節痛の原因筋肉のロックとは?

what's筋肉ロック?
        
「慢性の股関節の痛みが筋肉に関係するのは

ページを読んでなんとなく分かった。

でも果たして【自分の】股関節の痛みは、この整体(ミオンパシー)で

良くなるのだろうか?」

をお知りになりたくないですか?

「当然、知りたい」それならば

いぎあ無料関節痛改善メールマガジンをぜひお申し込み下さい。


あなた様が気になっていることの答えはそこにあります。


そして、数通のメルマガを読んでくださった後は

整体院いぎあ☆すてーしょんからプレゼントを差し上げます。


長年の股関節の痛みから解放されるかどうか?


は、以下をクリックするかどうかで決まります。

慢性の関節痛改善のための無料メールマガジン

急ブレーキなどでロックしたシートベルトをはずすように

「筋肉の伸び縮みを感知する装置」
(筋紡錘)からの信号をストップしない限り

筋肉は、筋肉自身や関節を護るために働き続け
(拘縮し続け)ます。

その筋肉のロック(拘縮)が

肩周囲の筋力低下や股関節痛に関係していたのです。

ですから、筋肉の強張り・収縮を緩めるためには

「もう緩んでもいいんですよ」

ということを腰痛を起こしている筋肉(筋紡錘)に

教えてあげなければなりません。

そうしないと筋肉はずっと縮んだままです。

ただ、筋肉のロック(拘縮)を解除するにはに少々コツがあって

上手に施術をしないとよけいにこじれます。

温めたり、冷やしたり、揉んだり、叩いたり、では緩みません。

体操やストレッチでも緩みません。

確かに、筋肉を温めたり、揉んだり、ストレッチしたり

体操したりすると

その場は少し緩みますが

あとで余計に痛みがひどくなる事もあります。

つまり、強い刺激を与えてしまう事で


下手をするとやる前より余計に

筋肉が縮んでしまう事がある


ということです。

なぜかというと

護る為に働いている筋肉に、強い刺激を与えてしまうと

「また、負荷がかかった、もっと頑張って護らなくては...」

と、筋肉にある筋紡錘は感じ取ります。

そして、ますます拘縮を強めてしまう
ことになります。

ロックしたシートベルトをいくら力任せに引っ張っても

伸びることはありませんね?

それどころか握っている手の方が痛むだけでしょう?

拘縮した筋肉を緩める為には

シートベルトのロックを解除するように

筋紡錘からの信号をストップして

筋肉の拘縮を緩める方法を取らなくてはなりません。

それが「整体院 いぎあ☆すてーしょん」で行っている整体法


「ミオンパシー」なのです。


このページを読まれているあなたが

股関節痛で悩まれていて

「早く良くなりたい」

「股関節痛から解放されたい!」と

思っていらっしゃるのなら

一度いぎあ☆すてーしょんの整体を受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

「ミオンパシー」で

あなたの股関節痛の解消をお手伝い致します。


迷っていても股関節痛は治りません。

まず一度受けてみてください。


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約
お電話でのご予約

072-632-9430


ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん
大阪本店以外の直営店は以下3店舗

いぎあ☆すてーしょん東京白金台いぎあ☆すてーしょん芦屋いぎあ☆すてーしょん五反野


その他各地に、「ミオンパシー」習得者が開業しています。

全国ミオンパシー施術院リンク


ご自身の症状や、整体法について質問がある方は
いぎあすてーしょん大阪お問い合わせ


整形外科医が認めた整体師と言ってくださった加茂先生の加茂整形外科医院
間違いだらけの腰痛治療TOP  大阪茨木市の整体院 いぎあ☆すてーしょんTOP

股関節原因と対策1