新手技療法ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん大阪本店
筋肉の機能異常=筋肉ロックを解除して慢性痛改善ミオンパシー
総院長松尾ブログ間違いだらけの慢性痛治療スクールのご案内いぎあ☆整体塾
 HOME>50年ぶりの爆睡


いぎあ☆すてーしょんFACEBOOKページにいいね!してください。
いろいろな情報をアップしていっています。
いいね!を下さった方だけにお得な情報も。


間違いだらけの腰痛治療コラム

ひざについて
「変形性膝関節炎」以外のひざの障害
ひざの機能的障害
ひざのお皿の動きが悪い
ひざ(脛腓関節)の可動不全
足首のねんざについて
突き指の治し方1
突き指の治し方実践編
痛いところは悪くない
顎関節症
耳痛
首の痛み
歯茎の腫れは虫歯のせい?
肩が痛いんですけど
肩痛2
背中のみは肝臓の疲れ?
腱鞘炎の原因は?
腱鞘炎2
股関節痛
股関節痛が肩で改善!?
座骨神経痛
膝の痛み
足首の痛み
日々の施術より 首の痛み
日々の施術より 背骨の動き
筋肉の強張りは永遠!?
猫背は整体で良くなるのか?
猫背の原因は


腰痛関連間違った常識と正しい知識コラム

頭痛・肩こり寝違え間違った常識と正しい知識コラム

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

スポーツ関連情報

自律神経のアンバランス

接客力を上げる体質学の知識

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

筋肉を緩めたら

自律神経が整って40年ぶりの爆睡!



その方は60才の女性で

腰から脚にかけて痛む

ということでした。

1ヶ月前ぐらいから痛み出し

整形外科でレントゲンを撮ってもらったら

「椎間板ヘルニア」

という診断だったそうです。

ですが、ヘルニア自体はそれほどひどいものでもなかったようで

特に治療と言えるほどのものは、受けて来られなかったようです。

今まで病気らしいものには罹ったことは無いそうです。

「医者嫌いなの」と、おっしゃってました。


いぎあ☆すてーしょんに通って下さっている方の

ご紹介で来られたのですが

確かにお元気そう(健康そう)です。

まだまだかくしゃくとしておられます。

でも、
腰から右脚にかけてのしびれが

座っているとき

長い間立っているとき

寝ているとき

に、出る
そうです。

寝ているときに痛みで目が覚める、というほどではないそうですが

1ヶ月もそういう状態が続いているので

少々まいっているご様子でした。


体を診てみると

立っている姿勢で、片方の肩が下がっていますし

骨盤の高さも違います。

脚の長さが左右で6mm違いますし

骨盤も同じぐらい歪んでいます。

腕の長さも1cmぐらい痛む方が縮んでいました。


それらを調整して

ヘルニアの出ている、第5腰椎の可動性を元に戻し

座骨神経を圧迫する「梨状筋」というお尻の筋肉の強張りを和らげ


etc.

を行うと

「あれっ、痛くないわ、普通に歩けるよ」

と言って、その日は喜んで帰られたのですが

私が驚かされたのはその後でした。


数日後、紹介してくれた方が来られて

「あの後、○○さん12時間寝たそうですよ」

「ええーっ、60歳で12時間??すごいなあ」


皆さんの中で、休みの日などに12時間寝る人は

どれぐらいおられるでしょうか?

若いときは寝られるんですよ。

私も学生時代などはそれぐらい寝ていました。

それには理由があります。


若いときほど自律神経の

「副交感神経」が優位に働くので

よく寝られる
のです。熟睡

赤ちゃんはよく寝ますよね?

でも、普通は
年と共に「交感神経」が優位になり

睡眠時間は短く
なります。

だから、年配の方は

朝4時から起きて、盆栽の手入れができるのです。

私も、最近は休みの日でも仕事の日と同じ時間に目覚めます。


ですから、普通は70歳ぐらいになると

そんなに長時間寝られない
んです。

ところが○○さんは
60歳にして12時間!

これは、はっきり言ってすごいです。

普通はそんなに眠れません、病気でもしていない限り。

この1ヶ月間、痛みのために疲れていた事を差し引いてもすごい。

だって、痛くて寝られないほどでは無かったわけですから

寝不足が続いていたわけではないんですから。


で、そんなに眠れた理由は

ミオンパシーの技術であちこちの筋肉の強張りを緩めたので

「交感神経」にだいぶ傾いていた自律神経が

「副交感神経」の方に急激に揺れ動き

長時間の睡眠、という形になって現れた
のです。

それにしても、元々の体が元気だからそんなに寝られるのですが。

寝るのにも体力が要るからです。

でも、後日ご本人が来られたとき

もう一度驚かされました。

「○○さん、12時間も寝たんですってね?」

「そうなのよ、二日も続けて」

「ええっ!二日も?」

「そうそう、あの日帰ったら眠たくて眠たくて夕方6時に寝て

目が覚めたら朝の6時。次の日も同じように寝たわよ。

あんなに寝たのは40年ぶり!おかげでスッキリやったわあ。」

それはそうでしょうね(笑)。

ちなみに、2回目の来院の日はそんなに寝れなかったそうです。

それも当たり前、もう自律神経の働きがほぼ正常に戻っていますから。

こういった自律神経系の症状は

筋肉のロック

漫画で学ぶ筋肉ロックのしくみ

が、引き起こします。

ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり、引っ張ったりしても

解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

自律神経の失調症状は、なかなか改善できないのです。

自律神経失調の原因筋肉のロックとは?

what's筋肉ロック?

このページを読まれているあなたが

自律神経の失調症状で悩まれていて

「早く良くなりたい」

「自律神経の失調症状から解放されたい!」と

思っていらっしゃるのなら、

一度「いぎあ☆すてーしょん」の整体を受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

「ミオンパシー」で

あなたの自律神経の失調症状の解消をお手伝い致します。


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約
お電話でのご予約

072-632-9430


ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん
大阪本店以外の直営店は以下3店舗

いぎあ☆すてーしょん東京白金台いぎあ☆すてーしょん芦屋いぎあ☆すてーしょん五反野

その他各地に、「ミオンパシー」習得者が開業しています。

全国ミオンパシー施術院リンク


ご自身の症状や、整体法について質問がある方は

いぎあすてーしょん大阪お問い合わせ


072-632-9430
整形外科医が認めた整体師と言ってくださった加茂先生の加茂整形外科医院
 
間違いだらけの腰痛治療TOP  大阪茨木市の整体院 いぎあ☆すてーしょんTOP