新手技療法ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん大阪本店
筋肉の機能異常=筋肉ロックを解除して慢性痛改善ミオンパシー
総院長松尾ブログ間違いだらけの慢性痛治療スクールのご案内いぎあ☆整体塾
 HOME>椎間孔と腰痛


いぎあ☆すてーしょんFACEBOOKページにいいね!してください。
いろいろな情報をアップしていっています。
いいね!を下さった方だけにお得な情報も


一覧間違いだらけの腰痛治療コラム

一覧
腰痛には腹筋を鍛える?
腰痛には湿布?
腰痛体操は×?
腰痛に牽引療法は無効
ぎっくり腰はクセになる?
腰痛の原因は背骨の変形?
スポーツは腰に悪い!?
椎間関節と腰痛
ヘルニアは腰痛の原因!?
ヘルニア手術で本当に治る?
レーザー手術は大丈夫?
腎臓が弱ると腰痛に?
腰痛と腎臓の関係は?
腰を前に曲げると痛いのは?
前に曲げると痛む人の性格
座骨神経痛

痛いところは悪くない

筋肉の強張りは永遠!?


腰痛関連間違った常識と正しい知識コラム

頭痛・肩こり寝違え間違った常識と正しい知識コラム

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

スポーツ関連情報

自律神経のアンバランス

接客力を上げる体質学の知識

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

椎間板が薄くなっても

腰痛にはならない


たとえば、椎間板がまったく無くなって

背骨と背骨の隙間がなくなったとしても

それで神経根が圧迫されることはありません。

それでも神経がちゃんと通るぐらいの隙間があります。


腰椎椎間板

腰椎4番と5番の模型です




どうですか?

左が椎間板が正常な状態

右が椎間板がない状態

椎間板がなくなっても

ちゃんと神経が通る隙間が確保されています。

ネット上

あるいは整形外科の先生方が言われている情報

椎間板が薄くなると

神経が圧迫されて痛む



は、でたらめです。



そもそも

神経は圧迫されても痛みを出しません。

100歩譲って

椎間板がなくなり

神経が圧迫されたとしても

麻痺が起こり、痛みは起こりません。



神経が関係するのは

麻痺(感じない・動かせない)です。

痛みは、筋肉の機能異常=筋肉ロックによる

筋肉の酸素欠乏と

関節の可動不全によって起こります。



これがあなたの腰痛が治らない理由のひとつです。

誰も本当のことを知らないのです。

他にも


慢性の腰痛が治らない原因として

ずいぶん長い間

整形外科やカイロプラクティックなどで

施術時に腰を後ろに反らせる姿勢を

禁じてきたことがあります



それは1995年Williams

1968年Calliet等の医師達が


腰痛予防・治療には

腰椎の前彎を減少させる事が

重要である


と提唱したことによります。

腰椎の前彎を減少させる


というのは、いわば

お腹が前に突き出た姿勢を矯正する

とでもいうのでしょうか。
 
皆さんもご存じのように

背骨というの



  
前→
背骨←首のところが前に反り(前彎)

←胸のところで後ろに反り(後彎)

←また腰のところで前に反り(前彎)

←仙骨が後ろに反る(後彎)


形になっています。


この腰(腰椎)の部分の前彎が強いと

背骨の後ろ側にある椎間孔や椎間関節が狭くなり

それらが神経を圧迫して痛みを出すのだ。

と言うわけです。

このような理由で

今まで腰痛の予防姿勢として

図解であちこちで見られてきたのが

腰椎を前彎させない姿勢

でした。

ところが最近では、逆に


腰を前に曲げる姿勢(腰椎を後彎させる)

を取らないようにするのが、腰痛の予防に繋がる

という説明も見られるようになってきました。

一体どっちが正しいのでしょうか?

医師の方々や理学療法に携わる方達にも

果たしてどちらが良いのか

確信を持って治療を行われている方は

ほとんどおられないはずです。

それは筋骨格系の専門家である

カイロプラクティックの世界でも同じだったようで

腰を後ろに反らせる施術法は

やってはいけない事になっています。

ところが

1981年に、ニュージーランドのマッケンジー氏

(理学療法士)が

腰を後ろに反らせる療法を提唱し始めて以来

世界中でそういったやり方を行う人達が増えました。

ですが、そのマッケンジーテクニックは

腰痛改善に関するミオンパシーの考え方からすると


「なぜ?そんな目新しいことなの?」

なんです。

なぜなら、いぎあ☆すてーしょんでは


1994年頃からずっと

腰を後ろに反らせる施術法を行っていた

からです。

慢性痛改善情報いぎあ無料メールマガジン

ある医学雑誌の巻頭の言葉に

ある医大の付属病院整形外科部長の先生が

「腰痛は大変治療の難しい症状で

改善率は10%ぐらいである」

と書かれていましたが

いぎあ☆すてーしょんでの腰痛の改善率は


90%を超えて
います。

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

もちろん難易度の違いもあり

単純に比較はできないでしょうが

その辺りの事を割り引いても

このパーセンテージの違いは

相当大きいのではないでしょうか。

これだけの差が出るひとつの理由は

いぎあ☆すてーしょんでは


腰を後ろに反らせることが

できるようになる

施術法を取り入れている


からです。

腰痛の中でも最も高い割合を占める

筋性の腰痛には

大きく分けると

腰を後ろに反らせると痛い

というものと

腰を前に曲げると痛い

というものがあります。

このうち、いぎあ☆すてーしょんに

お越しの方達の例でいうと

腰を後ろに反らせると痛い

ものが8割以上を占めます。

ですから

腰を後ろに反らせても痛くない状態にできると

8割以上の腰痛は改善できる


というわけです。

体を反らせられたら腰痛は無くなる

ただ、

「腰を後ろに反らせることができるようにする施術法」

には絶対に守らなければならない法則があります。

それは


腰を後ろに反らせる姿勢を取った時

腰に痛みが出ないようにする


ことです。

つまり

腰を後ろに反らせた時、腰に痛みが出るのは

椎間板や腰椎を包む靱帯などに

負担がかかっているからです。

腰痛は

「椎間孔や椎間関節が狭くなるから発生する」

わけではなく


腰を後ろに反らせる姿勢を取った時に

同時に前に曲げる力が働く事で

椎間板や靱帯、関節包などに

負担がかかるので

痛みが発生するのです。


普通に腰を伸展させる(後ろに反らせる)姿勢を取る時には

椎間板などには下の図のような力がかかるだけですが


脊柱起立筋  
後ろに曲げる→
 

を屈曲させる(前に曲げる)力が働いていると

腰椎に圧   
後ろに曲げる→ 

このように、背骨を下に押しつける力が働く事になります。

この、体を屈曲させる(前に曲げる)力の代表的なものは

大腰筋の拘縮です。
大腰筋
お分かりでしょうか?

単に腰を反らせるだけなら

強い負担が腰椎の椎間板にかからない

仕組みになっています。

ところが

大腰筋の縮みがあることで

椎間板にかかる負担が倍増



するのです。

それが

「椎間板ヘルニア」の原因になるのです。

つまり、腰を後ろに反らせるだけで

「椎間孔や椎間関節が狭くなる」

のは確かですが

そのことが痛みを発生させるわけではなく

大腰筋の拘縮

という現象が伴って痛みが発生する、と言うわけです。

ですから、いぎあ☆すてーしょんでは

「大腰筋の拘縮」を解消するテクニック

をいくつも使って、大腰筋を徹底的に緩めます


その後で腰を伸展(後ろに反らせる)

させると

腰痛は無くなります。


体が反らせられたら腰痛は出ない

※もし、腰を後ろに反らせることで

椎間孔や椎間関節が狭くなって痛みが出るのなら

体操の選手などは痛くてできませんし

中国雑伎団の人たちも技を見せる事なんてできません。

あの方達は皆さん、大腰筋や大腿直筋等の

身体(股関節)を前に曲げる筋肉や

身体の前側の靱帯が柔らかいので

あんなに身体を後ろに反らせても痛くないのです。

慢性痛改善情報いぎあ無料メールマガジン


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約


大腰筋の拘縮(ロック)を解除する方法を

いぎあ☆すてーしょんでは

ミオンパシー(筋肉療法)と呼んでいます。

筋肉のロック(拘縮)とは...

漫画で学ぶ筋肉ロックのしくみ

筋肉のロック(拘縮)

筋肉や関節に無理な力がかかった時に起こります。

その場合、適切な方法でロック(拘縮)を

解除する必要があります


ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり

引っ張ったりしても

解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

腰痛はなかなか改善できないのです。

もちろん、痛み止めや湿布では決して解除されません。

むしろ患部の血流を悪化させることで

ロックを固定させてしまう可能性が高いと考えられます。

what's筋肉ロック?

このページを読まれているあなたが

腰痛で悩まれていて

「早く良くなりたい」

「腰痛から解放されたい!」と

思っていらっしゃるのなら

薬や湿布に頼らず

一度「いぎあ☆すてーしょん」の

新手技療法ミオンパシーを受けてみてください。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

「ミオンパシー」で

あなたの腰痛の解消をお手伝い致します。


もし迷っておられるのなら

まず一度だけ

安全安心、体に優しい「ミオンパシー」を

お試し下さい。


その上でこれいいかもしれない

これで長年の腰痛が治るかもしれない


と、感じられたら

そこで通院なりを

考えていただければと思います。

あくまでも平均ですので

人によって異なりますが

通常、慢性の腰痛の改善は

5〜6回の通院が目安です。


これで良くなるかもしれない

もしくは

これでは無理そうだ

は、通常初回の施術で

感じていただけると思います。

効果を感じられないまま

何回も頻繁に

通っていただくようなことは

していません。

安心してご予約ください。


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約


お電話でご予約  
072-632-9430


ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん
大阪本店以外の直営店は以下4店舗

いぎあ☆すてーしょん東京白金台 いぎあ☆すてーしょん芦屋
いぎあ☆すてーしょん五反野
いぎあ☆すてーしょん湘南




その他各地で「ミオンパシー」習得者が開業しています。
全国ミオンパシーサロンリンク


ご自身の症状や、整体法について質問がある方は

いぎあすてーしょん大阪お問い合わせ
072-632-9430

慢性痛改善情報いぎあ無料メールマガジン

整形外科医が認めた整体師と言ってくださった加茂先生の加茂整形外科医院

Tweet

間違いだらけの腰痛治療TOP  大阪茨木整体院 いぎあ☆すてーしょんTOP