新手技療法ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん大阪本店筋肉の機能異常=筋肉ロックを解除して慢性痛改善ミオンパシー総院長松尾ブログ間違いだらけの慢性痛治療スクールのご案内いぎあ☆整体塾
 HOME > 寝違え原因

twitterバナー

facebookバナー
いぎあ☆すてーしょんFACEBOOKページにいいね!してください。
いろいろな情報をアップしていっています。
いいね!を下さった方だけにお得な情報も。


間違いだらけの腰痛治療コラム
一覧
朝起きた時一番痛いのは?
椎間関節と腰痛
ひざについて
「変形性膝関節炎」以外のひざの障害
ひざの機能的障害
ひざのお皿の動きが悪い

ひざ(脛腓関節)の可動不全
足首のねんざについて
突き指の治し方1
突き指の治し方実践編
痛いところは悪くない
顎関節症
首の痛み
肩が痛いんですけど
肩痛2
腱鞘炎の原因は?
腱鞘炎2
股関節痛
股関節痛が肩で改善!?
座骨神経痛
膝の痛み
足首の痛み
日々の施術より 首の痛み
日々の施術より 背骨の動き


腰痛関連間違った常識と正しい知識コラム

頭痛・肩こり寝違え間違った常識と正しい知識コラム

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

接客力を上げる体質学の知識
いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

膝に水が溜まって痛いのですね?



膝に水が溜まって痛み


膝の曲げ伸ばしがしにくかったり

膝の周囲がはれぼったくなっていて

絶えず鈍痛があったりするかもしれませんね。

それで

整形外科に行って

水を抜いてもらったりしているが

いっこうに治らない



病院以外の治療も受けているが治らない

違いますか?

だからこのページをご覧になっているのだと思います。

もし、少ない回数で膝の水を抜き

そのときに同時に抗炎症剤などを入れて

結果、膝に水が溜まらなくなっているのなら

そもそも「膝に水が溜まる」

などのキーワードで検索されませんよね。

その場合は一時的な何かが原因で起こった症状で

その後水が溜まるようなことが

起こっていない場合です。

例えば、事故とかスポーツによる怪我とか。

怪我は体の持つ自然治癒力で

それこそ自然に治ります。


ですが、怪我などとは違って

別の要因で膝に水が溜まるような

慢性化して、なかなか引いていかない

膝の水と膝の痛みに対して

同じように

病院で膝に溜まった水を抜き続けていたら

膝の水は自然に溜まらなくなるとお思いですか?



痛みは無くなるでしょうか?

結論からいうと

残念ながら

ただ溜まった水をただ抜いているだけでは

膝の水は溜まらなくなりませんし

痛みも無くなりません。


膝に水が溜まっても治る方法はあります

なぜ水が溜まるのか?

これを考えないで

出た現象
「膝に水が溜まる」

これを取り除いても

原因がなくならなければ同じことを繰り返すだけ

それだけで済めばいいですが

膝に水が溜まる原因を放置していたら

症状はどんどん悪化します。

とはいえ、膝に水が溜まる原因のひとつに

リウマチなどがありますので

一応そういった検査は受けられた方がいいでしょう。

もし、特にそういった病的な原因がないのに

膝に水が溜まってきて

抜いても抜いても水が引いていかなかったとしたら

膝の水を抜く治療...というか

ただ単に溜まった水を抜くという

処置をしているだけのことは

無駄というより、害になることの方が多いでしょう。

というのは、水を抜き続けているだけでは

悪化するのをただ待っているだけ

ということになりますし

後述する関節包(滑膜)を

穴だらけにすることになります。

穴は傷なので、治った後には瘢痕が残ります。

すると瘢痕によって

関節包や膝周囲の皮膚や筋肉が硬くなり

膝関節の動きが制限される可能性もあります。

それを悪化といってもいいのではないでしょうか。



治療というのは、それをすることで

何らかの症状が改善されるものをいいます。

処置した結果、症状が自然治癒力で改善すれば

結果的に治療したということになるのでしょう。

ですが、処置を続けていても治らなかったら

治療にはなっていませんよね。

もしご自身がそうであれば当然のこと

お知り合いに

溜まった膝の水を抜き続けているが

抜いてもすぐ溜まり痛みが引いていかない

という方がおられたら

教えてあげてください。

抜いてもいっこうに減っていかない

膝に溜まった水を抜き続けていると

やがて症状は悪化し

しまいには、人工関節という可能性もあります。

もし、片方の膝を人工関節にすると

たいてい、もう片方の膝も人工関節ということになります。

なぜなら、片方だけが丈夫になってしまうと

バランスが崩れ

弱い方にさらに負担がかかってしまうことになり

それほどひどくなかった片方の膝も

傷んでしまうことになるからです。

ちなみに、手術をして人工関節になれば

関節は丈夫になりますが

丈夫になることと、痛みがなくなることは

同じではありません。

手術をしても痛い

というのはよく聞く話です。

皆さんが望むのは、丈夫な膝関節でしょうか?

それとも、痛みなく生活出来る膝でしょうか?

手術はくれぐれも慎重にお考えください。



でも、じゃあ水が溜まってしまうような膝の症状が

手術しないで治る方法があるの?


あります。

膝関節、この場合は膝関節を包んでいる関節包への

負担を減らすことです。

関節包の内張は滑膜といいます。

関節包の中は滑液で満たされています。

膝に溜まる水とは、この滑液のことをいいます。

膝関節

滑液(関節液)は

通常、軟骨同士がぶつからないように

水分のクッションのような働きをしています。

他には、軟骨の栄養成分などを

滑膜の毛細血管から供給されたり

軟骨から出た老廃物をリンパ管に再吸収させるための

働きもしています。

ところが

関節内部(主に滑膜)や軟骨に傷がついたりすると

その傷を治したり

炎症物質を流し出したりするために

滑液(関節液)は、いつもより余分に分泌されます。

すると通常は滑膜に吸収されるはずの滑液が

多く分泌されるので、排出が間に合わず

関節包内に溜まってしまうことになります。

これが膝に水が溜まる

という症状です。

こういうことが、上記したように

一過性の怪我などで起こっている場合は

溜まった水を抜いて

そこに抗炎症作用のある薬剤を入れる

などの処置で自然に治っていくのですが

一過性ではなく

長期にわたって膝関節に負荷がかかり続けていると

水を抜いても抜いても溜まり続け

痛みも無くならない

ということになります。

このページをご覧になっている皆さんの膝は

そういう状態ですよね?



こうして膝に溜まった水を減らす=通常の量に戻す

ためには

膝関節、正確にいうと膝関節を包んでいる

関節包への負荷を

減らすことが必要です。

関節包への負荷を減らさない限り

関節包とその内張である滑膜への負荷がかかり続け

滑膜についた傷による炎症はなくなりません。

つまり、膝に水が溜まり続けることになります。

では、どうしたら膝の関節や関節包(滑膜)への負荷が

減ったりなくなったりするのか、ですが

その方法とは

膝関節にかかる負荷の原因になっている

筋肉ロックを外すことです。

筋肉の機能異常=筋肉ロックとは

リンクにあるように

筋肉ロックは

筋肉(筋繊維)に限度を超えた負荷がかかったときに

筋肉(筋繊維)が切れたりしないように

また、関節が壊れたりしないように

関節に繋がる筋肉をキュッとロックさせることで

筋肉や関節を守る仕組みです。

今皆さんがお困りになっている症状の

膝に溜まる水を溜まらないようにするためには

膝を曲げ伸ばす筋肉である

大腿四頭筋やハムストリング、腓腹筋

大腿筋膜張筋・腸脛靭帯、内転筋群など

膝関節に繋がっている筋肉のロックを外す必要があります。

他にも、膝関節が微妙にねじれることに
(なめらかな動きのために必要なこと)

関わる筋肉である腓骨筋・ヒラメ筋のような筋肉

さらには、膝関節が前後にずれたりしないように

安定させる役目の十字靱帯など

これらのロックを外すことで

膝関節(関節包・滑膜)への負荷が減り

滑膜などの傷が治れば

水がどんどん溜まって引いていかない

ということがなくなります。

漫画で学ぶ筋肉ロックのしくみ

ですが、いぎあ☆すてーしょんで行っている

手技ミオンパシーは

そのような対処療法ではありません。

実は、上記のような施術を行って

一時的に膝に水が溜まることがなくなったとしても

それだけでは、また溜まり始めるのです。

それはなぜかというと

そもそも

上記に挙げた膝関節付近の様々な筋肉や靱帯

そこに負荷がかかってしまう要因があり

それを排除しないと

同じことの繰り返しになってしまうからです。

その原因とは

体全体のバランスの崩れです。

これは、膝に水が溜まってしまう方々ばかりでなく

頭痛・腰痛・肩こり・各種関節痛など

慢性の痛みやこりに悩んでいる皆さんの体に

共通した現象として見られるものです。

つまり、膝の痛みや膝に水が溜まる症状は

膝関節だけのものではなく

全身症状のうちの一部が

痛みや溜まる水として現れているだけのものです。

そこを知らないと

せっかく溜まらなくなった膝の水が

また溜まり始めることになってしまいます。



いぎあ☆すてーしょんの新手技療法ミオンパシーは

そういった全身にある筋肉ロックを見つけ出し

全身のバランスを整え

膝にかかる負荷を減らすだけでなく

皆さんが気づいていないような

将来何らかの痛みやコリという

不快な症状に繋がる原因を無くし

膝の水が溜まることを治してもらいに行ったはずなのに

なんだか全身楽になって体が軽くて、動きやすくなった


になります。

また、そういうようにしないと

膝に溜まった余分な水がなくなり

膝の曲げ伸ばしがしにくい、とか

歩いたり、階段の上り下りで膝が痛い

という症状がなくなり

さらには再発しない

ということにはならないのです。



ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり

引っ張ったりしても解除されません。


ですから、一般的に行われる方法では

膝痛や膝に溜まった水、という症状は

なかなか改善できません。

このページを読まれている皆さんが

膝に水が溜まることで悩まれていて

早く膝に溜まった水が無くなればいいのに

すっきりとした膝周りになりたい


と、思っていらっしゃるのなら、

一度いぎあ☆すてーしょんの

新手技療法
ミオンパシーを受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な手技

ミオンパシー

あなたの膝に溜まった水の悩みを解消します。


ここまでの文章を読んでいただいて

あなたの膝に水が溜まる原因が

筋肉のロックかもしれないと思われたら

まず一度だけ

安全安心、体に優しい
ミオンパシー

お試し下さい。

それで
これいいかもしれない

これで治るかもしれない


と、感じられたら

そこで改めて

通院なりを考えていただければと思います。

あくまでも平均ですので

人によって異なりますが

通常、膝に水が溜まる症状は

全身症状の改善も含めて

5〜6回の通院が目安です。

これで良くなるかもしれない

もしくは


これでは無理そうだ


は、通常初回の施術で感じていただけると思います。

効果を感じられないまま

何回も頻繁に通っていただくようなことはしていません。

安心してご予約ください。


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約


お電話での予約は
072-632-9430


ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん
大阪本店以外の直営店は以下4店舗

いぎあ☆すてーしょん東京白金台いぎあ☆すてーしょん芦屋いぎあ☆すてーしょん五反野

いぎあ☆すてーしょん湘南

その他各地にミオンパシー習得者が開業しています。


ミオンパシーが受けられる整体院



ご自身の症状や、整体法について質問がある方は

お問い合わせ
072-632-9430  

整形外科医が認めた整体師と言ってくださった加茂先生の加茂整形外科医院


since 1992Copyright(C)1995-2017 大阪茨木整体院 いぎあ☆すてーしょん All Rights Reserved