新手技療法ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん大阪本店筋肉の機能異常=筋肉ロックを解除して慢性痛改善ミオンパシー総院長松尾ブログ間違いだらけの慢性痛治療スクールのご案内いぎあ☆整体塾
 HOME > 寝違え原因

いぎあ☆すてーしょんfacebook

いぎあ☆すてーしょんtwitter


間違いだらけの腰痛治療コラム
一覧
痛いところは悪くない
目の疲れ
花粉症
背中のみは肝臓の疲れ?
筋肉の強張りは永遠!?

猫背は整体で良くなるのか?
猫背の原因は

なぜストレスが慢性のこりの原因に?
筋筋膜が原因の痛みやこり
ロコモティブシンドローム

腰痛関連間違った常識と正しい知識コラム

頭痛・肩こり寝違え間違った常識と正しい知識コラム

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

接客力を上げる体質学の知識
いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約


筋膜リリース・筋膜はがし

など、筋膜に対するアプローチは

本当に効果的?



という疑問にお答えします。

まずは下の絵

筋膜ガチガチ

硬くなったシャツ=筋膜

を着ていると

体が思うように動かせません。

関節の可動制限が起こったり

慢性痛やこりが起こったりするのは

筋膜が上の絵のように硬くなっていることが原因です。


その筋膜を

筋膜リリース・筋膜はがし

といった方法で柔らかくすると

下の図のようになります。

筋膜は緩んだけれど

あれ?

でも、右の人は腕もちゃんと上がって

関節の可動域が戻って快適そうですが

左の人はまだどこかおかしそうですね。

その原因は...

筋膜に包まれているもの=筋肉

が、まだ硬いからなのかもしれません。

そこで、筋肉も緩めてみると

筋膜も筋肉も緩んだ

このようにちゃんと可動制限がなくなり

快適になりました。

つまり

筋膜だけが柔らかくなっても

筋膜に包まれた筋肉が硬いままだと

痛みやこり、関節の可動制限は良くならないのです。



なぜそうなるのか

興味のある方は、もう少し読み進めてみてくださいね。

下の図は、筋膜と筋肉の関係を示しています。


筋膜と筋肉の関係

筋肉は、まず〈アクチン・ミオシン〉という

顕微鏡レベルの細かい単位から始まります。

〈アクチン・ミオシン〉が集まったものが〈筋原線維〉です。

〈筋原線維〉が集まって〈筋繊維〉になり

〈筋繊維〉が集まって〈筋繊維束〉になり

〈筋繊維束〉が集まって〈筋肉〉と呼ばれるようになります。

筋膜は〈筋繊維束〉を包む〈筋周膜〉があり

1種類の筋肉を包む〈深筋膜〉があります。

そして、たくさんの筋肉をまとめて包む〈浅筋膜〉が

皮膚の下で全体を覆っています。

皮膚の下にある筋膜組織

筋周膜を深筋膜で包み

さらに深筋膜で覆われた筋肉を浅筋膜で包む

という構造になっているんですね。


これらすべてを総称して「筋膜」と

一般的にはひとくくりに呼んでいます


筋膜は

上の図にあるように

筋繊維束を包んでいる

コラーゲン線維で出来た結合組織で

筋肉のように

脳の命令などで伸び縮みするものではなく

筋繊維束と筋繊維束

あるいは

筋肉と筋肉の間で

○各組織を包んで組織と組織の間に仕切りを作ることで
 お互いを分けると同時に結びつけて
 体の姿勢を保つ役割を持つ

○組織と組織がこすれあうことで生じる
 摩擦から組織を保護する

○筋線維を包んでいる3つの部分(筋外膜、筋周膜、筋内膜)
 に構成されており、筋線維の動きを支えたり
 力の伝達を行ったりする働きをする


といった役割を持っています。

他にも

内臓の一つ一つを包んでそれぞれが体の中で

動きやすいようにしていたりもします。

さて、ではこの筋膜が

私たちの体にとってどんな影響があるか?

なのですが

もっともこのページをご覧になっている皆さんに関係が深い

私たちが行っている手技療法の分野でお話します。

筋膜が、体の痛みやこり

関節の可動制限などに関係する



というお話です。

上記したように

筋膜は、筋繊維束や筋繊維束の集まりを包んでいます。

ですから、筋膜が硬くなったり

あるいは筋膜の間にある潤滑液が粘ったりすると

体の動きが不自由になります。

ガチガチになってしまった筋膜

こんな感じですね。

私たちは、筋膜については筋肉ほど詳しくないので

筋膜についてさらに詳しくお知りになりたい方は

ネットなどでお調べくださいね。

とはいえ、体の痛みやこり

様々な不調でお悩みの皆様にとっては

これら、筋膜と筋肉が

ご自身の体調不良にどう関係するか

お知りになりたいことでしょう。

では、上の絵のように

ガチガチになってしまった筋膜を

筋膜リリースや筋膜はがしでほぐして

動きやすくしたとします。

すると、確かに施術前より体は柔らかくなり

動きやすくなって

痛みやこりは和らぐことでしょう。

筋膜は緩んだはずなのに...

でも?

完全に症状が回復しないこともあるはずです。

もし、筋膜を緩めても

痛みやこりが完全に取れない

または、関節の可動範囲が完全には戻らない



そういうことがあったとしたら

筋膜は緩んでも

筋肉が緩んでいない可能性があります。

そういう症状を

私たちは
筋肉ロックと呼んでいます。

漫画で学ぶ筋肉ロックのしくみ

筋肉がいったんロックすると

自然に元の状態に戻ることはほぼなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

しかも筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり

引っ張ったりしても解除されません。


ですから、一般的に行われる

もんだり押したり

引っ張ったりする方法では

筋肉が正常に伸び縮みする

本来の健康な状態にすることは

難しい
のです。



筋肉の機能異常=筋肉ロックとは


じゃあどうしたら、こりや痛みが無くなって

本当に楽になるの?


それは
筋膜を緩めると同時に

筋肉のロックも解除
してあげればいいのです。

でも、いぎあ☆すてーしょんの手技ミオンパシーでは

筋膜についてはほとんど触れていません。

なぜなら

ミオンパシーの施術を行うことで

自然に筋膜も緩んでしまうからです。

筋肉も筋膜も緩んだ♪

このことは、今のところ仮説ではあるのですが

筋膜リリースや筋膜はがしで行うような

筋膜の癒着や萎縮が

筋肉ロックを外す

「筋肉と筋膜を同時にたるませる」

という方法で

筋膜と筋膜が同時に緩んでしまうのです。

なぜその方法で筋膜も同時に緩むのか

というのは2017年現在では

はっきり解明されていませんが

筋肉ロックを外して筋肉を緩めると

筋膜で包まれている筋肉が柔らかくなり

関節の可動域が広がり

痛みやこりがなくなってしまいますから

結果として

筋肉も筋膜も同時に緩んでいる



としか考えられません。


そもそも、石川県の整形外科医

加茂整形外科医院加茂院長が

日本筋筋膜性疼痛症候群研究会(JMPS研究会)

を、立ち上げられたのは

アメリカの文献に「筋筋膜性疼痛症候群」

という症状名を見つけたところから始まっていますので

元々、筋肉と筋膜を別々に考える必要もない訳です。


というわけで

このページを読まれているあなたが

様々な痛みやこりで悩まれていて

早く良くなりたい

慢性の痛みやこりから解放されたい!

と、思っていらっしゃるのなら、

一度いぎあ☆すてーしょんの

新手技療法ミオンパシー®を受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

ミオンパシー®で

あなたの慢性の痛みやこりを解消します。

悩んでいても、痛みやこりはなくなりません。

あなたの痛みやこりの原因が

筋膜や筋肉のロックかもしれないと思われたら

ぜひ一度安全安心

体に優しいミオンパシー®をお試し下さい。


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約


お電話での予約お問い合わせは

072-632-9430

ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん
大阪本店以外の直営店は以下4店舗

いぎあ☆すてーしょん東京白金台いぎあ☆すてーしょん芦屋いぎあ☆すてーしょん五反野


いぎあ☆すてーしょん湘南


その他各地にミオンパシー習得者が開業しています。


ミオンパシーが受けられる整体院



ご自身の症状や、整体法について質問がある方は

お問い合わせ
072-632-9430  

整形外科医が認めた整体師と言ってくださった加茂先生の加茂整形外科医院


since 1992Copyright(C)1995-2018 大阪茨木整体院 いぎあ☆すてーしょん All Rights Reserved