前ページ


そういう方の場合は

整体コースを受けて頂く場合が多いのですが

まず

体全体のバランスを整えた上で

症状の出ている肩・首・背中などの

筋肉を緩めて

コリを解消させます。

指や腕の筋肉の疲れで

肩が凝る事もよくあります
ので

そういったところに疲れがないかどうかも調べます。

あと整体コースでは
内臓の疲れも考慮します。


内臓の疲れがコリと関係するんですか?


右側の筋肉をよく使う方の場合でも

原因が重なっている事もあり得ますし

特に右側ばかり使うわけでもないのに

右側に偏って症状の出る方などは

大体
肝臓や胆嚢に問題があります。


肝臓病とかがあるということですか?


必ずしも病気であるという事はありません。

私のところに来る方は

機能低下というレベルの方が多いようです。

たまには肝炎や胆石といった症状を

お持ちの方もおられますが。


ということは

病気でなくても内臓が疲れたり弱ったりしていると

症状が出ると

そしてそれが


右側に偏っている場合は

肝臓や胆嚢の機能低下が多い


という事ですか?


そのとおりです。


そんな内臓と関係するような症状が

整体で良くなるんですか?


全ての内臓と全ての筋肉は

お互いに関係している
んです。

痛みやコリは筋肉が出している場合が多いので

内臓の疲れが筋肉に出る事もありますし

逆に筋肉の疲れで

内臓の機能低下が起こる事もあるんです。

ですから、いぎあ☆すてーしょんの整体コースでは

右肩のこりという症状に対しては

背中・肩・首などの筋肉の強張りを和らげて

直接コリを解消させると共に

肝臓や胆嚢に関係する

背骨の可動性を正常に戻したり

(機能低下を起こしている場合、関連する背骨の動きが悪くなっている事が多い)

肝臓の機能を回復させるテクニック

を用いたりしてコリの再発を防ぐということを行っています。

あとは、肝臓や胆嚢を傷める人の性格をお教えして

ご注意下さるようアドバイスしています。


内臓と性格って関係するんですか?


関係しますよ。

肝臓を傷めやすい方は

せっかち・気が短い・怒りっぽい

という性格の方が多いですね。

さらに言うとそれを


我慢して押さえ込んでいる人の方が

傷める傾向


があります。

本人は気が短いのに

周りの人はその人を

のんびりしていると見ている

という傾向が強いほど傷め方もひどく

改善するまでに時間がかかる場合が多いんです。

一言で言うと、我慢強い人が肝臓を傷めます。


肝臓はお酒の飲み過ぎで傷めるとばかり思ってました。


肝臓の機能低下からのコリや痛みにお悩みの方は

意外にもお酒をあまりたしなまない方が多いんですよ。

むしろ適度に飲んで発散しているぐらいの方が

良いのかもしれませんね。


おおっ、それは酒飲みには朗報だ!(笑)


あくまでも適度に、ということですよ(^^)。

飲み過ぎで痛めている方もおられますから。

ただ、飲み過ぎで肝臓を傷めている方

特に血液検査でγーGTP等アルコールの取りすぎで

上がる数値が高くなっている程

機能低下が激しい方の場合は

右側だけでなく全身に症状が出る事も多いですね。

痛い所が移動したりするので、たちが悪いとも言えます。


げげっ、やっぱり飲み過ぎには注意しよう。(^^;


そのほうが良いと思いますよ(^^)。


ちなみに胆嚢が弱りやすい人はどんな性格なんですか?


プライドが高い人かな。

プライドを傷つけられた時に胆嚢が弱ると言われています。


ふーむ、人体と精神の不思議ですね。

胆嚢は他にどんなことで弱りますか?


体と心は一つのものですからね。

必ず同時に反応します。

肉体的には


胆嚢の弱る原因は油ものの摂りすぎ


などでしょうか。

胆嚢は肝臓で作られる胆汁を濃縮して貯めておく袋です。

食事の脂肪分が十二指腸に流れてきた時に

貯めておいた胆汁を出して脂肪を分解します。

なので脂っこいものを摂りすぎると働き過ぎで疲れますね。


なるほど、では自分で

肝臓の疲れと胆嚢の疲れを見分ける方法ってありますか?


そうですね。

例えば


食欲が低下している場合などは

肝臓の疲れがある
と言えます。

肝臓は食べたものを使って

体に必要なものを
化学的に合成して

体のあちこちに使えるようにするのが主な仕事です。

他にはアルコールや薬物・重金属などの

体にとって害になるものの


解毒
をするのも大事な仕事です。

ですから肝臓が疲れている時は

今ある材料を使ってそれらの仕事に力を使うのが

精一杯なので

新たな食物(材料)を入れて欲しくないのです。


そうか

食欲が無い時には

無理に食べる必要はない
んですね。


そうですね、無理に頑張って食べてしまうと

かえって肝臓に負担をかけて

体の回復が遅れる事になります。

体が発する信号に

素直に従う事が大事
ですね。

次ページ