前ページ


「これは気功ですか?」と聞かれることもありますね。

ただじっとしてるだけという時間が長いですから。


いぎあ☆すてーしょんでは

ミオンパシーが全てのメニューの施術方法の

ベースになっているということですが

他の整体法と違う特徴があるんですよね?


そうですねミオンパシーの特徴については

別のページで詳しく解説していますので

そちらをご覧頂けたらと思います。


随分詳しく書いてありますね。

どんなことをするのか、とか

何故この方法で良くなるのかは解りましたが

名前の由来を教えて下さい。


この名前を付ける前は

筋肉トリートメントMAGICと言っていましたが

整体というと一般の方には、ボキボキする

痛そうなイメージがあるようなので

今までにはない名前をつけようと思ったんです。


他のやり方とは違うオリジナルなものっていうことですよね

これは一から院長が考え出されたんですか?


全くオリジナルという訳ではありません。

ミオンパシーの施術法は


オステオパシー

(アンドリュー・テイラー・スティルという医師が発案したアメリカ生まれの手技療法)

のなかの2つのテクニックを応用したもの
です。


アメリカ生まれの手技療法といえば

カイロプラクティックが有名ですよね。

オステオパシーというのもあるんですね。


そうです。ただ、オステオパシーは

今では西洋医学的な方向に進んでいるようで

手技療法を研究・実践しているのは

オステオパシーのドクターの中でも一部らしいですね。

ヨーロッパ・特にイギリスでは

オステオパシーが盛んなようで

専門の学校もあるようです。

私が見たヨーロッパのアロマテラピーの本では

オステオパシーは載っていましたが

カイロプラクティックは載ってませんでしたね。



じゃあオステオパシーの技術を行っているというだけで

希少性がある
ですね。


そうですね。日本では特に少ないでしょうね。

というのはカイロプラクティックを

アメリカで学んだ先生達は

日本でも50〜60人はおられるので

学校も多く卒業生も沢山おられます。

ところが

アメリカのオステオパシー大学を卒業された日本の方は

私が知る限りまだ3人しかおられない(2016年11月現在)

はずです。

しかもお二人はアメリカで仕事されていて

もうお一人はご病気で帰国したと聞いています。


知名度が低い上に勉強するところがあまりないので

実践している人も少ない

のだと思います。

ですから

1995年頃に私が所属していた手技療法の研究会が

アメリカからオステオパシーのドクターを呼んで

「筋エネルギーテクニック」という技術の講習をしたときも

100人以上先生達が集まってる中で

実際に使っているのは私ぐらいだったようです。

当時設立されたばかりの日本のオステオパシーの学校の

学長さんに「よく勉強されてますね。」

と感心されたのを覚えています。



日本ではそんなマイナーなのに

なぜ院長はオステオパシーをやろうと思ったんですか?


それはね、偶然なんです。

というか、今では必然だったのかなあ、という気もしますが

最初に行った学校の卒業生で勉強会を行っているときに

仲間の一人が「こんなやり方があるよ」と

情報を持ってきてくれたんです



それですぐ取り入れられたんですか?


いいえ、だって

なにもせずに腕とか持ってるだけなんですよ。

痛みなんか取れるわけないと思いませんか?



そうですねえ、私も未だに

「これでどうして痛みやコリが取れるんだろう」

って不思議な感じですもんね。


でしょう?

でも、何か感じるものがあったんでしょうね。

一応それまでもオステオパシーのテクニックである

「筋エネルギーテクニック」を使っていた事もあって

オステオパシーの良さを知りつつあったので

少しずつ自分なりに工夫しながら使ってみたんです。

そしたら案外効果が出るので

「本格的に勉強してみよう」と思ったら

教えてくれるところがありませんでした。(笑)


あらあら、それは困りましたねえ

日本では勉強できる所が無いんですか?


今は立派な組織もできているようですが

当時(1993年頃)はまだね。

仕方なく本を見ながら自分で勉強し始めました。


そんなので誰でもできるようになるもんなんですか?


どうでしょう?

誰にでも出来る事ではないかもしれませんね。


そうですよね、ちらっと本を見せてもらいましたけど

私には何が何だかちんぷんかんぷんで。(笑)


まあ、好きだったのと、適性があったのかもしれません。


やっぱりこの仕事をするために

生まれてきてるのかもしれませんね。

それで、すぐできるようになったんですか?


いやいや、そんな簡単なものじゃありません。

今の
ミオンパシーの元になったのが

先ほども触れたオステオパシーの


「ストレイン・カウンター・ストレイン」

というものだったんですが

本には筋肉がゆるむ原理と

それを使って関節の可動性を取り戻す方法が

簡単に説明してあるだけでした。

次ページ