前ページ

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

 いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約
いぎあすてーしょんロゴ      ミオンパシー哲学        


質問
このページでは

総院長がなぜ手技療法士という職業を選んだのか

とか

院長の哲学についてお聞きしたいと思います。

まず、最初に院長が手技療法の道を選んだ

きっかけを教えて下さい。


総院長の答え


きっかけは

今考えてみるといくつかあるんです。

一番最初はいとこの死、骨肉腫でね。

まだ若かったのに...

次いで叔父と叔母の死、どちらもガンです。

その度にお見舞いに行くと

自分がなんにもできない事に対する

無力感が募ってきました。

ただ悪くなっていくのを

見ているしかないっていうのが、つらかったですね。

同級生の死もありました。

高校卒業したばっかりの頃、卒業してすぐ結婚

すぐに子供ができて幸せの絶頂というときに

亡くなった女の子がいましてね。

そのときは自分の無力感とかいうのじゃなくて

人生の無常感を感じました。

質問
そうですか

人の死っていうのはいつも何か考えさせられますよね。

でも普通の人は

だからと言って治す方に回ろうとは考えないですよね。

総院長の答え
私もまだその時はね、そこまで考えてませんよ。

実際に人を癒す仕事をしようと思ったのは

もっと後の事なんです。

自分の身に危機が迫った後です。

質問
えっ?院長の身に危機が( ̄□ ̄;)!!?

何が起こったんですか?

総院長の答え
いや、まあそんなに驚かれても困るんですが(^_^;)

今で言う「パニック障害」になってしまったんです。

パニック障害について
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

パニック障害の患者は突如強い不安感に襲われる。
これに付随してめまい、動悸や手足のしびれ、吐き気などを感じたり
死ぬのではないか、狂ってしまうのではないかという恐怖に襲われて
非常に困惑する。
しかし、身体的には全く問題は生じずに
ある程度の時間の経過によって回復する。
これを 不安発作やパニック発作という。
患者はこの体験を非常に強烈なものとして感じるため
次に不安の発作が発生する状況を非常に恐れ
また起きるのではないかとさらに不安に感じる。これを予期不安という。

電車の中や、ショッピングモールの中など
人込みで不安の発作が起きると
その場から離れたり逃げたりするのが難しい、という感覚がするため
患者はこれを避けて家にこもりがちになったり
特定の乗り物に乗ることを恐れたりする。
このような症状を広場恐怖(アゴラフォビア)という。


質問

はあ、なんだか恐そうな病気ですね。
こういうのってなかなか治らないんじゃないですか?

総院長の答え
そうですね。

私の場合もほぼ症状が出ないっていうぐらいになるまで

5年位はかかりましたね。

質問
ええっ、5年もですか?それは大変だったですね。

お幾つぐらいの時になったんですか?

総院長の答え
30歳ぐらいの時です。

今思い返すと

大学時代にも一度よく似た症状になったんですが

原因が解らず

しばらくして収まったというのがありましたね。

だからその時は2回目で、これは結構ひどかったです。

救急車に2回乗りました。

質問
うわあ大変だ。それがきっかけで今のお仕事に?

総院長の答え
いや、まだその時は(苦笑)。

ただ、パニック障害が良くなる課程で

ラジオ体操とヨガが非常に役立ったので

これも後に手技療法の仕事をする上での

考え方には影響がありましたね。

というのは、そうやって


体を動かしたり、体を柔軟にしてバランスを整える事が

体ばかりでなく心にも非常に良い影響を与える


という事を身をもって知ったからです。

ああ、それから私は若い頃の方がコリ性でして

会社の同僚にスポーツマッサージをしてもらった時に

「気持ちいいなあ」と感じたことで

してもらう気持ちよさを覚えました。

また、同僚の女性が生理痛で苦しんでる時に

腰を押してあげたら

「楽になった」と喜ばれたことは

してあげる喜びを覚える事になりましたね。

今思い出すと色んな事が

今の仕事に繋がってるんだなあと思えますね。

質問
多分、総院長と似た経験をされている方は

他にもおられると思うんですけど

みんながみんな人を癒す仕事に就きたい

とは思わないと思うんですよね。

それを考えると、総院長の場合は運命的というか

必然的だったんでしょうね。まさに天職?

総院長の答え
そうなのかもしれませんね。

質問
絶対そうですよ。

でも、他にもお医者さん(西洋医学)や

針灸・マッサージ・指圧・柔道整復師(整骨院)など

医療関係には色々種類があると思うんですけど

なぜ手技療法の道に進まれたんですか?

総院長の答え
西洋医学にはあまり興味なかったですね。

親戚や友達が病気で亡くなっていくのを見て

「西洋医学では病気は治らない」

という気持ちを持ってましたし

僕は
「病気になってからなんとかする」のではなく

「病気にならないようにする」

次ページ