前ページ

慢性痛改善情報いぎあ無料メールマガジン

これが腰の後ろ側の筋肉で起こると

段々体が前に曲がりにくくなる

ということになりますし

大腰筋という、体を前に曲げる筋肉が縮むと

後ろにそらせにくくなります。
 
これらは新たな腰痛を生む恐れを秘めていますし

大腰筋の拘縮の場合は


手術したところと別の箇所に

「椎間板ヘルニア」を生じさせることにも

なりかねません


実際に、いぎあ☆すてーしょんに来られる方の中にも

「椎間板ヘルニアの手術をしたが、違う場所で再発した。」

という方がおられます。


根本的な原因を解らずに、また解ろうとせず

見える現象だけを排除する

という姿勢がこのような

「椎間板ヘルニアの再発」

という現象を生んでいる
のでしょう。

こういった手術の後の弊害について調べていたところ

やはりありました。

上記の、背骨を固定する金属は

「Spinal instrumentation」
(脊椎固定術とでも訳したら良いのでしょうか)

と呼ばれる手術法に用いられるものですが

その際に

「固定隣接椎間障害」

と呼ばれる問題がやはり起きているようです。

技術的に進歩してしっかり固定されればされるほど

そういう問題がクローズアップされてきたようです。

なぜ手術が専門の先生方が

実際に問題が増加するまで気付かなかったのかというと

やはり


整形外科の先生方は、骨しか見ない

らだと思います。

いぎあ☆すてーしょんに来られる方達の話を聞いても

まず整形外科を受診されてから来られる方が多くおられますが

大抵レントゲン写真を見て

「骨には異常ないですね。」椎間板ヘルニアの手術法「脊椎固定術」

と言われて

湿布なり痛み止めの薬なりをもらっておしまい

という方が多いのです。

「貴方はこの筋肉が強張っているから...」等と


骨以外の軟部組織について

何か指摘を受けたというのは皆無
です。

ですから

椎間板ヘルニアの再発を防ぐ為に


背骨を固定する事で起こる

筋肉や靱帯等の軟部組織の障害


については想像も付かないのでしょう。


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約


固定隣接椎間障害」が、実際に頻繁に現れるまで

そういった問題に気付かなかったもうひとつの理由は

整形外科のみではなく現代医学の弱点とされている

「患部しか見ない診断」

にあるのではないでしょうか。

「椎間板ヘルニア」を見つけると

ヘルニアが起こった原因について考察することなく

「ヘルニアを取ってしまえばいいのだ」

と考えて手術等を行うから、こういった問題が起こるのでしょう。

これは、臭い物に蓋をしているだけにしかならなく

元を断つ治療にはなっていません。

もっと全体に目を向ければ

椎間板ヘルニアの原因についても

簡単に判るはずのものだと思うのですが。

私には、医師の方達全員が「患部しか見ない」とは思えません。

しかし、大多数の先生方がおそらくそうであるために

少数派の先生達はおかしいと思っていても

何も言えないのではないでしょうか。

では、ヘルニアの原因はと言えば

筋肉のロック(拘縮)です。

あなたの腰痛が慢性化していたら

腰痛の原因になっている筋肉のロック(拘縮)を

解除する必要があります。

筋肉のロック(拘縮)

筋肉や関節に無理な力がかかった時に起こります。


ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり、引っ張ったりしても

解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

腰痛はなかなか改善できないのです。

           

次ページ