前ページ

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

スポーツ アスリートの故障・怪我からの回復とパフォーマンス向上

接客力を上げる体質学の知識

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

寝違えはすぐ治ります

寝違えの原因が分かってしまえば




今寝違えの痛みで悩まれていますか?

寝違えの痛みでお越しになった方は

「変な寝方が原因ですか?」

と、言われます。

ですが


寝違えは

変な寝方のせいではありません。


というか変な寝方のせいで寝違えるには違いないのですが

変な寝方は、寝違えの直接のきっかけではあっても

本当の原因ではありません。

寝違えの基本的な原因は

内臓の疲れ

です。

例えば、暴飲暴食、特に深酒をしてしまったら

肝臓が疲労します。

肝臓は主に体の右側の筋肉と繋がっています。

特に

背中(菱形筋=肩甲骨と背骨の間にある筋肉)と

肩の筋肉(上部僧帽筋)との関係が深いので

肝臓が疲れると背中と肩の筋肉が強張って縮んでしまいます。

自分の体でイメージしてみて下さい。

背中の右側の筋肉(菱形筋)が縮むと

右側の背骨と肩甲骨が引っ張りっこをします。

背骨の棘突起(背中に出ているぼこぼこした骨)は

縮んだ筋肉に引っ張られて

右の肩甲骨の方へ回転していきます。

首の骨は背中の骨と一緒に回るので

背骨の突起が右に回転すると、首(頭)は左に回ります。

※背骨の後ろが右に回るということは

顔に当たる前の方は左を向く事になります。

こうなると、首を右に向けるのがつらくなります。

それでも起きてる間は自分で調節して

正面を向くようにしていますが

寝てしまって意識がなくなると

楽な方に顔を向ける時間が多くなります。

起きている間は顔(頭)を動かしますが

寝てしまうとあまり動きません。

そうすると長時間動かさないので

筋肉は強張ってしまうのです。

同じように右肩の筋肉(上部僧帽筋)は

縮むと顔を左に向ける作用があります。

ですから

寝ている間にずっと顔を左に向けていて固まってしまうので

寝違えます。

「朝起きたときに、あれっ、痛っ!首が右に回らない」

というのが、お酒の飲み過ぎによる寝違えです。


身に覚えないですか?

■右を向くと痛い寝違え

脂っこいものを食べすぎた時の胆嚢寝違え

すごく腹を立てた後の
怒りパワー肝臓寝違え

我慢しすぎの肝臓寝違え


■左を向くと痛い寝違え

食べ過ぎ、胃寝違え

環境の変化、胃寝違え

甘いもの、脂っこいもの、肉ばっかり食べ過ぎ、すい臓寝違え


これらの寝違えに対して

首を動かすと痛いからといって

首ばかりに注目していたのでは、寝違えは良くなりません。


首と共に、背中や肩の筋肉も緩めてあげないと

寝違えによる痛みはなかなか取れません。


次ページ