前ページ

大腰筋

最も多い痛みが出る姿勢は


体を後ろに反らせる

という姿勢です。

体を後ろに反らせると腰が痛いのは


大腰筋の縮み(拘縮)です。

では

なぜ大腰筋が縮むのでしょう?

その理由とは...

大腰筋の縮み

座っている姿勢が多い人


間違った腹筋運動のし過ぎ

等の他に

腎臓機能の弱っている方にも起こります。


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

腎臓と腰痛

全身の筋肉は全て内臓と繋がっています。

そして大腰筋と繋がっているのは腎臓なんです。

だから逆に


大腰筋の縮みを慢性化させてしまうと

腎臓機能の低下を引き起こすことがあります


腎臓
腎臓機能の低下は

○糖尿病による毛細血管の弱化

○タンパク質・鉄分等の栄養不足

○疲労・睡眠不足・冷え

などの他にも

○精神的なストレスによって起こります。


問題は最後の「精神的なストレス」です。

実はストレス全般ではなく


腎臓を特に傷めるストレスの種類

というものがあります。

「腎臓を特に傷めるストレスの種類」とはなんでしょう?

これについては腎臓を傷める腰痛症で

さて、では貴方の腰痛は本当に良くなるのでしょうか?

結論は

良くなります。


原因が物理的なものであるにしろ

精神的なものであるにしろ

貴方の腰痛は

大腰筋を始めとした

股関節を曲げる筋肉の
ロック(拘縮)が原因


になっています。


その場合


しかるべき方法でロック(拘縮)を解除する必要があります


what's筋肉ロック?

このページを読まれているあなたが

腰痛がなかなか治らない

ことに悩んでおられたら

一度「いぎあ☆すてーしょん」の新手技療法ミオンパシーを受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

「ミオンパシー」で

あなたの腰痛の解消をお手伝い致します。


次ページ