前ページ

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

腰痛の原因4  
 
前に曲げると腰が痛いんですね?

腰を前に曲げると痛い腰痛が

性格と関係するのご存じでしたか?



腰を前に曲げると痛むタイプの腰痛には

そうなりやすい性格があります。

このタイプの腰痛には広背筋・脊柱起立筋・腰方形筋など

腰自体の筋肉をはじめ、

大殿筋・中殿筋といったお尻の筋肉
広背筋
ハムストリング・下腿三頭筋等といった

脚の後ろ側の筋肉など、多くの筋肉が関わっています。

腰を前に曲げると痛むでは

腰を後ろに反らせると痛む人の性格についてお話ししましたが

このタイプに関係する筋肉の種類は少ないので

わかりやすかったのです。

しかし

腰を前に曲げると痛むタイプの腰痛の人は

上記のように色んな筋肉が関わっているので、その性格も様々です。

あまり細かく分けるとややこしいので、おおざっぱに二つに分けてみます。

腰を前に曲げると痛む場合

縮んでいる部分を大きく分けると


お尻から上(腰から背中)と

下(脚)の二つに分けられます。

どちらが縮んでいるかを調べるには

まず

椅子に座って体を前に倒してみて下さい。

それで痛みが出るようなら

腰・背中・お尻の筋肉が縮んでいます。

椅子に座って曲げても痛くないなら

立って体を前に倒してみて下さい。

それで痛みが出るようなら

太ももの後ろやふくらはぎの筋肉が縮んでいます。

どっちも痛ければ両方縮んでいます

次ページ