前ページ

オステオパシー(ミオンパシー)肩こり施術テクニックDVD

神経を通じて脳に信号が行って

「腰が痛い」とか「肩がこっている」と認識されるのですが


脳は信号の強い順番から受け取ります。

例えば

腰から来る痛みの信号が、肩こりの信号よりも強い場合

肩こりの信号は後回しにされます。

ですから、
腰痛が改善されると肩こりが出現ということも珍しくありません。

その辺りをちゃんと説明しておくか、時間が許せば肩も少し緩めてあげると

「腰痛は楽になったけど肩こりになった」ということにはなりません。


「腰痛が楽になったので、肩こりの症状が出てきた」

というのが正確な表現です。 
肩こり
これとは逆に「肩こり」の方が自覚が強く

腰痛に自覚がない場合もあります。

これも調べればすぐ判りますので

腰を先に施術する事が多いです。

肩こりで来られたのに自覚があまり無かった腰が意外とひどかったので

「肩こりは次回に」ということもあります。

というわけで


肩こりの方の肩だけを触っても

その場しのぎにしかならない事がほとんど


です。

昔から肩こりに良く行われてきた

「肩たたき」や「肩もみ」も、されている時は気持ちいいんですが

しばらくすると肩こりが戻ってしまう事が多いです。

そうして腰が改善したとします。ここから本題です。


肩はなぜこるのでしょう?

肩こりも腰と同じく
物理的要素、精神的要素などが

絡み合っている事が多い
のですが

直接関係する物理的要素としては

背中・肩・首・腕・胸の筋肉などの過緊張(強張り)があります。

肩こりで肩の筋肉が関係するのは判るけど


慢性肩こり改善無料メールマガジン


肩こりに、背中や腕がなぜ関係するのか?



まず、背中の筋肉で影響が大きいのが広背筋
広背筋
これは腕の付け根から骨盤まで拡がっている

背中で最も大きい面積の筋肉です。

この筋肉は腕を後ろや下に動かす役目をします。

これが強張ると、肩を下に引っ張ります。

そうすると肩の筋肉(一般的には上部僧帽筋)は

バランスをとるために肩を上に上げようとします。

それで

次ページ