前ページ

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

接客力を上げる体質学の知識

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

左肩こりの改善には
自分を好きになることが大切


左の肩がよく凝るという人は、胃が弱っている



というのは

体の左側の筋肉が胃と繋がっているからです。

胃が弱る原因として

食べ過ぎ、飲み過ぎ

他には美容師さんのように左手を固定した状態が長く続く

などの
物理的ストレスがあります。

その他

精神的ストレスまたは性格が胃に負担をかけるということもあります。

胃に特に影響を与えるストレスは
環境の変化です。

性格的にも環境の変化にすぐ対応出来る人は、早く慣れてしまいますよね。

こういう人は大体胃も丈夫です。

ですからこういうタイプの方が
美容師
「左肩が凝る」という場合、その原因は大体が暴飲暴食です)。

 そして慢性的に暴飲暴食、という方は少ないでしょうから

一時的に胃が弱っても比較的早く改善します。


 

ちなみに暴飲暴食の後の寝違いは、首が左に回りにくくなります。



左の背中の筋肉が縮み、背骨を右に回転させる方向に引っ張るからです)

詳しくは、寝違いについて


慢性的に左肩が凝りやすい方の性格は

「人見知りしやすい」



性格といえるでしょう。

食べ物の好き嫌いも他の人より

多少多いかも
しれません。

こういう方は、学生さんなら

「クラス替え」する度に

「胃が痛くなる」とか「胃がもたれる」

などということがあるでしょうし

お仕事されている方なら「仕事の内容が変わる」とか

「上司や部下が変わる」などの環境の変化がある度に

「胃に来る」ことが多いと思います。

そのときに同時に「左肩が凝る」のです。

 上記のページにも書いていますが、「胃が弱る」

のは悪い事が起こった時とは限りません。


良い事が起こった時でも

慣れない事に遭遇した時は胃に来る
のです。

美味しいものでも生まれて初めて見たような物を食べる時は、「大丈夫かなあ?」って心配になるでしょ?

だから人見知りしやすい性格の人の胃は、環境変化にすぐ順応する人に比べて敏感に反応してます。

絶えず何か変化があるたびに反応してるわけです。

胃の丈夫な人
ちなみに胃の丈夫な人の外見は

丸顔、色白、目が大きく、体型が丸め、手足が短い、声が高い

などです。(内胚葉的特質=肺葉学より)

逆に、この要素が少ない人は胃が弱りやすいと言えます。

「だからどうなの?生まれつきのものはどうしようもないでしょ?」

と言われるとそれまでなんですが

同じ体質の人でも心の持ちようによって

新しいものを受け入れる容積が増えます。

つまり、環境の変化に適応し、左肩のこりに悩まされにくくなる

ということです。

それにはまず

自分自身を好きになる事です。

好き嫌いの多い人というのは

自分の中にも嫌いな部分を沢山持っている人です。

だから他人の嫌なところも沢山見えてしまうんです。

自分に無いものは見えませんからね。


ちなみに...


肩こりの物理的原因は

筋肉のロックです。

ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり

引っ張ったりしても解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

肩こりはなかなか改善できないのです。

      

次ページ