前ページ

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体



接客力を上げる体質学の知識

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

自分でできる


肩こり解消のためのセルフ整体
 



肩こりは

肩周囲だけ触っても

良くならない


肩こりは腰痛より改善しにくい

ケースが多く見られます。

というのは


肩関節は腰に比べて可動範囲が大きいので肩こり
肩こりには、それだけ色んな筋肉が関わっている


という理由が一つ。

他には

腰椎(背骨の下の方の部分)と

頚椎(首の骨)が連動している

ことや

骨盤と肩甲骨

肩関節と股関節が連動している

事などで

肩こりを和らげるために、肩周りを緩めるには

まず腰周りをまず矯正してからでないと

難しい


こともあります。

いぎあ☆すてーしょんにお越しの肩こり症の方でも

「肩が痛い」とか「肩がこる」と言って来られたのに


調べてみたら腰の方が悪かった

などということが、しばしばあります。

また、そういう方に

「腰が悪いので、今日は腰の施術をしますね。

腰が良くなったら肩をしましょうね。」

と言って腰を中心に施術をしたら


肩こりも楽になった

等というケースも頻繁にあります。

それくらい、肩こりには腰の影響が大きいので


肩がこるのでマッサージなどを受けているが

一時的に楽になってもすぐに元に戻る。

という方は


腰の調子が悪い可能性が高い


と言えます。

ですから、今このページをお読みの方で肩こり症の方は

まずこれまでお伝えしてきた

腰痛のためのセルフ整体
を一通りやってみて、

特に痛みや硬さを感じる事が無くなってから

肩こりを軽減させるセルフ整体を行う事をオススメします。

「そんなことを言っても今肩こりがつらいのよ〜!」という方は
広背筋
すぐ戻ってしまうことも覚悟の上で

肩こり用セルフ整体を行って下さい。

すこし肩こりが楽になったら

腰からやってみて下さいね。

遠回りのようでも

その方が絶対肩こりが楽になります。


腰回りをちゃんとした方が肩こりがちゃんと楽になる

という理由をもう少し説明すると

例えば「広背筋」は骨盤から肩関節までを繋ぐ

大きな筋肉ですから


広背筋が強張っていると

肩が絶えず足の方に引っ張られます。


広背筋のセルフ整体映像

つまり

寝てても起きててもずっとリュックを背負っている

ようなものです。

聞いてるだけで肩がこりそうですね。

広背筋の筋肉のアンバランスは

骨盤を歪ませます。

次ページ