前ページ

菱形筋
片方ずつしかできないものは3〜8です。

このページは3の
腕を体の外側に挙げる(外転)ストレッチです。

広背筋、菱形筋、などをストレッチします。

このストレッチを行うとかなり肩が楽になるのですが

いきなりこれをやっても

多分肩が痛くてやりにくい場合が多いのです。

それでこのストレッチは順番を最後の方に持ってきました。

試しに、これをいきなりやった場合と

最後にやった場合のやりやすさを比べてみられると

よく分かります。

いぎあ☆すてーしょんでは

ミオンパシーの手技を応用した「セルフ整体」を
おすすめしています。

そちらの方がより効果的ではあるのですが

このページでは少し違った方法を載せています。

効果が長持ちしにくいところがあるのですが

即効性があります。

筋肉は鍛えたり、無理に伸ばしたり、もんだりするよりも

無理なく穏やかに緩める方が

慢性のこりや痛みを取るには効果的だと感じていただければと思います。

ミオンパシーセルフ整体教室のページはこちらから


腕を体の外側に挙げる(外転)ストレッチ

1.座ってても立っててもいいので、まず伸ばしたい方
 (例・右)の腕をまっすぐ上に伸ばします。
  
2.その肘を曲げて左手で右肘を掴みます。

3.そのまま首の後ろで
 左手で右肘を体の左側に引っ張ります。
  
4.右の脇腹周辺の筋肉が伸びるのですが
 それを感じられたらちゃんと出来ています。

4.右の脇腹周辺の筋肉が伸びたら
 その位置で大きく息を吸って下さい。

 右肘が戻ろうとするのを左手で押さえ
 2〜3秒息を止めてから吐き出します。

5.その時にさらに右肘を左手で右手を左に引っ張ります。
 これを3〜5回程度繰り返します。

6.「もうこれ以上行かないよ〜」という所まで行ったら
 左側も伸ばしましょう。


セルフ整体について詳しくは
体の痛みの9割は自分で治せる
右の本をご参照ください。

もっと効果的に自分で肩こりを
軽減できる方法があります。

まずは右の本をご参照ください。

自分でできるセルフミオンパシーの教室を全国各地で
開催しています

実際に教わりながらやってみたいという方はこちらから

セルフミオンパシ−教室


このセルフ整体をマスターすれば

次ページ