前ページ

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体



接客力を上げる体質学の知識

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

牽引療法は
腰痛治療に役立ちません

 

腰痛に牽引を行っても良くなりません。

むしろ

腰痛が悪化する可能性が高いと言えます。


牽引療法を受けていませんか?

また受けようとしていませんか?

牽引療法は受けない方が賢明です。

※牽引療法は

整形外科や整骨院で行われる

腰痛に対する治療法です。


牽引療法のやり方

○腋を固定し、骨盤部をベルトで止めて

 重り・または電力で足の方へ10分〜15分程度引っ張る。

○負荷は体重の3分の1程度。


牽引療法を行う理由は?

レントゲン・MRI等で腰椎間が狭くなり

椎間板が圧迫を受けていることが確認された。

        ↓

圧迫された椎間板が変性を起こしている事と牽引療法

狭くなった椎間関節が神経を圧迫している事が、痛みを発症させていると思われる。
 
         ↓

よって牽引によって椎間関節の間を拡げる事により

痛みが無くなるはずである。


というのが大体の理由でしょう。

しかし、ミオンパシーの理論では

これは間違っています。

牽引療法で腰痛が改善されることは考えられません。

なぜ、牽引療法で腰痛が改善されるとは思えないのか?

というと

2つ理由からです。


1.腰痛の原因と結果を間違えている

もうひとつは

そこから派生して


2.何故そういう状態になっているか?


を、解らずに牽引療法を行う事で

さらに腰痛を悪化させる可能性を

持っている


からです。


1.腰痛に関する原因と
結果の間違い


「レントゲン・MRI等で腰椎間が狭くなり

椎間板が圧迫を受けていることが確認」

されているのは、腰痛の原因ではありません。

もし、レントゲンに写った

「腰椎間が狭くなり、椎間板が圧迫を受けている」

状態を、腰痛の原因として見てしまうと


なぜ背骨と背骨の間が

狭くなってしまったのか?


という疑問が湧きませんか?

湧いて当然


理由もなしに

「腰椎間が狭くなる」ことはない


からです。

レントゲン等で発見されるのは

背骨同士等を繋いでいる筋肉が収縮して

背骨と背骨の間をせまくしている


結果
であり

腰痛の
原因ではないのです。

私たちの解釈では

筋性腰痛症の原因は

筋肉のロック(拘縮)と

それにともなう関節の可動不全
です。

厳密に言うと「関節の可動不全」も

結果と言えるかもしれません。

縮んでロックした筋肉が

腰椎間を狭くし、椎間板が圧迫されている状態

を作っている

のです。

そして、その収縮した筋肉が血行不良になり

酸素の不足を「ブラジキニン」という神経伝達物質が

脳に伝えることで痛みを発生しているのです。

これを解決しないと

腰痛は本当の意味での改善はしません。

ですから、圧迫されている

もしくは狭くなっている状態を見て

「これが腰痛の原因だ」

と考えてしまうと

単純に

「引っ張って伸ばせば良いだろう」

という事になってしまいます。

ですが、これでは何の解決にもなりません。


次ページ