前ページ

「ひざを伸ばしたら痛い」

「内側に反らすと痛い」

「外側に反らすと痛い」


という四つの方向の可動不全があります。


「曲げたり、伸ばしたりしたら痛い」

そして

大体四頭筋やハムストリング筋の過緊張を緩めても

痛みが取れない場合

ひざ関節が前後にずれているケースがあります。

ずれている、というと語弊があります。


正しくは

ひざの内部の「前十字靱帯や後十字靱帯」の過緊張により


頸骨と大腿骨(この二つがひざ関節を構成しています)間の

「遊び」の動きが失われている状態


を言います。


この場合、自分で曲げ伸ばししてもそれほど痛くなく


自分で動かせる範囲より少し余計に

他人に動かされると、痛みが出ます。

これは一般の方がなんとかできるレベルではなく

頸骨と大腿骨の正常な可動性(遊びの部分も含む)を

回復させることができる

技術を持った施術者に施術してもらわないとなりません。


いぎあ☆すてーしょんでは、靱帯の過緊張を元に戻す

「ミオンパシー」
の技術MSR(筋紡錘解放テクニック)を用いて

頸骨と大腿骨の正常な可動性を回復させます。

「あれだけ痛かったのに!?」という具合に痛みが消えます。

そんなことが原因の痛みもあるのだ

ということを頭にいれておいて下さい。

そうすれば「なんか重大な病気?」などと

いたずらに不安に陥ることもありません。


このページを見て下さっているあなたが

膝痛で悩まれているとしたら

あなたの膝痛の原因のひとつに


機能的障害の元になる

筋肉のロック(拘縮)があります。

筋肉のロック(拘縮)

筋肉や関節に無理な力がかかった時に起こります。


ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり

引っ張ったりしても解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

膝痛は、なかなか改善できないのです。

いぎあ関節痛改善無料メールマガジン


what's筋肉ロック?

このページを読まれているあなたが

膝痛で悩まれていて

「早く良くなりたい」

「 膝痛から解放されたい!」と

思っていらっしゃるのなら

一度「いぎあ☆すてーしょん」の整体を受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

「ミオンパシー」で

膝痛の解消をお手伝い致します。



「慢性の膝の痛みが筋肉に関係するのはページを読んでなんとなく分かった。

でも果たして【自分の】膝の痛みは

この整体(ミオンパシー)で良くなるのだろうか?」

を、お知りになりたくないですか?

「当然、知りたい」それならば

いぎあ無料膝痛改善メールマガジンをぜひお申し込み下さい。

あなた様が気になっていることの答えはそこにあります。

そして、数通のメルマガを読んでくださった後は

整体院いぎあ☆すてーしょんから驚きのプレゼントを差し上げます。

長年の膝の痛みから解放されるかどうか?

「膝の痛みは歳のせいだから諦めてる」のままなのか?

どちらを選ばれますか?

いぎあ関節痛改善無料メールマガジン

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約
お電話でのご予約

072-632-9430


ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん 
大阪本店以外の直営店は以下3店舗

次ページ