前ページ

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

接客力を上げる体質学の知識
いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

目の疲れ 原因



頭痛持ちの人は沢山おられます。

googleの「キーワードアドバイスツール」


で調べると、腰痛の次に検索されている数が多いのが

頭痛です。

目の疲れについて知りたいのですよね?

もう数行だけお待ちください。


いぎあ☆すてーしょんは頭痛に対する施術は得意です。

頭痛はいぎあ☆すてーしょんに来られると

90%超の改善率です。

改善率が高い理由は


頭痛は頭が悪いから起こるのではない



ということを知っているからです。

いぎあ☆すてーしょんの整体で

頭を触るのは最終手段です。

殆どの方は

骨盤や背骨の歪みなど体の歪みを矯正した後

全身の筋肉の強張りを緩め

特に首肩周辺の緊張を和らげてあげると頭痛が消えます。



このページのテーマ目の疲れについても

もちろん


「目の疲れ」は

目が悪いから疲れるのではありません


目(眼球)は疲れません。

目が疲れたように感じるのは

脳が疲れた

からです。

実は「目」っていうのは疲れ知らずの臓器です。

皆さん普段はあまり意識したことが無いでしょうが


目はものすごく動いてます。

もう、恐ろしいぐらい動き続けています。

鏡を見ても分かりません。

自分の目を見つめてても目は動きませんから。


試しに他人の目をじっと観察してみて下さい。

本を読んでるところやPCを触っている時

あるいは、電車で外の景色を眺めているときなど

どれだけ動いているか!?

眼球は、それだけ激しく動き続けても

疲れないように出来ています。

人は目を使ってたくさんの情報を取り入れます。


人が得る情報の80%は目から入る

と言われています。

それを処理するのが「脳」です。

「目が疲れた」ように感じる時は

「脳が疲れた」から

「休憩させて下さい」というサイン
です。

「目をつむる」と「目が楽になる」のは

「目が休んでいる」からではなく

「脳が休む」から
です。

ですから「目が疲れた」と感じた時は

「目を閉じる」だけでなく脳を休ませるために

音も聞こえないようにする

臭いも感じないようにする

物も触らない」「味も感じなくする

という風に

できるだけ「五感」全てを休ませる事が大切
です

睡眠は「脳を休ませるのに一番」です。


また

ドライアイは自律神経の失調によるものです

ストレス等で自律神経の交感神経が過剰に興奮した状態が続くと

副交感神経の働きで活発化される涙が分泌されにくくなり

その結果ドライアイになります。

目薬は一時しのぎです。

心と体をリラックスさせて、副交感神経がちゃんと働くようにしてあげないと

根本的な解決にはなりません。


整体などで歪みを正し筋肉の強張りを和らげる

アロマテラピー効果で脳からリラックスさせる

マッサージ(特にアロママッサージは効果的です)などを受ける

お風呂にゆっくりつかる


など、工夫してリラックスを心がけて下さい。

また、脳を疲れさせる情報のひとつに

筋肉の拘縮(ロック)があります。

筋肉が硬くなると

交感神経の興奮につながり

脳はリラックスできません。

また


ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり、引っ張ったりしても

解除されません


ですから

当院で行うような特殊な方法で筋肉のロックを解除し

脳をリラックスさせてあげなくてはなりません。

それが

目の疲れ(=脳の疲れ)を休ませることになります。

      what's筋肉ロック?

このページを読まれているあなたが

目の疲れ(眼精疲労)で悩まれていて

「早く良くなりたい」

「目の疲れ(眼精疲労)から解放されたい!」と

思っていらっしゃるのなら、

一度「いぎあ☆すてーしょん」の整体を受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

「ミオンパシー」で

あなたの目の疲れ(眼精疲労)の解消をお手伝い致します

悩んでいても、目の疲れ(眼精疲労)はなくなりません。

あなたの目の疲れ(眼精疲労)の原因が

筋肉のロックかもしれないと思われたら

ぜひ一度「ミオンパシー」をお試し下さい。


次ページ