前ページ



冷やす、安静にする、湿布や痛み止めを使う

というのはあくまでも応急処置で

それで腰痛(ぎっくり腰)が良くなるわけではありません。

それらの方法を取っていれば

炎症は通常3日程度で収まるので

一般的には痛みが収まれば「治った」とされますが


それが間違いの元です。

それを治ったとしてしまうから

ぎっくり腰はクセになる

のです。

痛みが鎮まっても

ぎっくり腰は治っていません。


なぜなら、ぎっくり腰が起こる要因である

筋肉の強張りや収縮が残っている
から。

このような状態では

いつぎっくり腰が再発するか判りません。

また

絶えず腰の事を気遣って

椅子から立ち上がる時には

机に手をついてそっと立つ

とか

自動車や電車での長距離移動には

いつも心配がつきまとう

というような状態がずっと続くことになります。

「治る」というのを、私たちは



ぎっくり腰が再発せず

腰を気遣って生活しなくても良い状態



としています。

こんなことをしたら、またぎっくり腰にならないだろうか?

とか

少し痛みを感じただけで

ぎっくり腰になったらどうしよう?

などのように

腰の事を心配せず

ぎっくり腰のことを全く意識しなくても

生活できるようになって初めて

「治った」

と言えるのではないでしょうか。

それには

「ぎっくり腰を起こすメカニズム」に関わる

「筋肉のロック(拘縮)を元に戻し

それによって作られている「体の歪み」を正し

「筋肉の強張りや収縮」を起こす姿勢や生活スタイル

食生活、内臓機能の低下、運動の仕方から

物事の考え方に至るまで

再発を防ぐためのアドバイスを行うこと

そして必要であれば定期的に

体のケアをお薦めすることが大切です。

 
そこまでやって初めて、私たちは

「ぎっくり腰が治るためのお手伝いをした」

と言います。

原因をちゃんと突き止めずに

「なにか理由はよく判らないけど

とりあえず痛みが引いたから、これでいいかな」

と、解決した事にしてしまったらどうなります?

また同じ事が起こる可能性が高いと思われませんか?



ぎっくり腰は

「とりあえず」の応急処置で痛みが取れているのを

「治った」

としてしまうから

「クセになる」のです。


原因を取り除き、アフターフォローをちゃんとすれば

再発もしませんし

「一生腰の事を気遣いながら生活する」

などということもなくなります。



ぎっくり腰はくせになりません。



もし、あなたがぎっくり腰の後遺症で

腰痛が慢性化していたら

あなたの腰痛の原因になっている筋肉のロック(拘縮)を

解除する必要があります


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

筋肉のロック(拘縮)

筋肉や関節に無理な力がかかった時に起こります。

ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は


もんだり、たたいたり、温めたり、引っ張ったりしても

解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

腰痛はなかなか改善できないのです。

もちろん、痛み止めや湿布では決して解除されません。

むしろ患部の血流を悪化させることで

ロックを固定させてしまう可能性が高いと考えられます。




慢性痛改善情報いぎあ無料メールマガジン

           

このページを読まれているあなたが

ぎっくり腰の後の慢性腰痛で悩まれていて

「早く良くなりたい」

「腰痛から解放されたい!」と

思っていらっしゃるのなら

一度「いぎあ☆すてーしょん」の整体を受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法「ミオンパシー」で

あなたの腰痛の解消をお手伝い致します。


次ページ