前ページ

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

接客力を上げる体質学の知識

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

顎関節症の原因と対策


顎関節症は、あごの関節(顎関節)周辺に

何らかの異常がある疾患です。



口を開ける、食べ物をかむ、などの時にあごが痛い

口を開けたり閉じたりするときに音が鳴る

口が開けにくい

等の症状があります。

原因はいくつかあり、状態も異なりますが

まとめて顎関節症と呼ばれています。

でも実は顎関節症は、実はあごの関節自体が悪い

という疾患であるケースは少ないのです。

ちなみに顎関節ってどこにあるかご存じですか?

顎関節は、耳の穴の少し前にあって

口を開け閉めすると動くところです。

指を当てて口を開け閉めしてみて下さい。

顎関節症の方は左右で動くタイミングがずれるのが

判るはずです。

といっても、動きが左右で違うぐらいで

痛みや口の開けにくさが無ければ

それほど気にしなくても大丈夫です。


痛みが無かったり

指が縦に三本入るくらい口が開けば問題ありません


顎関節は

首や肩がこってくると音が大きくなり

開け閉めが少しスムーズでなくなります。


そう

顎関節症は、首コリ・肩こりと関係します。


「顎関節がおかしい」といぎあ☆すてーしょんに来られる方も

たいてい首肩がこっています。

患部周辺だけを見ると

食べ物を噛む時の筋肉である
咬筋側頭筋

あごを左右に動かす筋肉
内側・外側翼突筋

舌を動かす筋肉
舌骨筋などが縮んでしまって

ちゃんと収縮しなくなっている場合が多く

それらの筋肉を緩めることも当然必要になってきます。

でも、それだけではスッキリとは改善しません。

顎関節症の方は、うつぶせで寝たりする方も多いのですが

その場合いつも同じ方を向くので

下になった方のあごが反対側にズレます。

そもそも、仰向けで大の字ではなく

うつぶせでしか寝られないのは

骨盤が歪んでいたりするせいなので

骨盤も矯正しなければなりません。


つまり

顎関節がおかしいからといって

顎関節周辺だけを見ていたのでは

顎関節症は改善しない


のです。

結局は骨盤の歪み、首や肩のこり

それを引き起こす背中や胸、腕の筋肉の強張りまで

和らげて初めて改善します。

いぎあ☆すてーしょんの新手技療法ミオンパシーで

顎関節周辺を触るのは大抵最後です。

施術が顎関節に到達する前に「良くなってしまった」

ということもよくあります。

ということで

事故などで直接顎関節に傷害を受けた場合は別として

顎関節症は顎関節が悪いのではなく

全身の症状である、ということです。

ストレスや姿勢の悪さなどが原因です。

2016年度より、いぎあ☆すてーしょん総院長松尾は

歯科医の先生方に

顎関節症改善テクニックの講習を行っています。

歯科医院の患者さんにも

顎関節症の方はよく見られるようですが

マウスピースを用いて治療をしても

あまり有効な改善結果が見られないことが多いそうです。

そしてそれ以外に今のところ

それほど有効な治療法は見つかっていない、ということで

講習を行っていっているところです。

マウスピースと違い

その場で改善が見られるということで

歯科医療の一環として取り入れてくださる

歯科医の先生が増えてきています。

顎関節症の原因になる

筋肉の強張りを

いぎあ☆すてーしょんで行っている

新手技療法ミオンパシーでは

筋肉のロック(拘縮)と呼びます。

what's筋肉ロック?

顎関節症においては

意外にいろんなところに筋肉のロック(拘縮)があります。

筋肉のロック(拘縮)

筋肉や関節に無理な力がかかった時に起こります。

ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり

引っ張ったりしても解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

顎関節症はなかなか改善できないのです。

「慢性の関節の痛みが筋肉に関係するのは

ページを読んでなんとなく分かった。

でも果たして【自分の】関節の痛みは

この整体(ミオンパシー)で良くなるのだろうか?」

をお知りになりたくないですか?

「当然、知りたい」それならば

いぎあ無料関節痛改善メールマガジンをぜひお申し込み下さい。

あなた様が気になっていることの答えはそこにあります。

そして、数通のメルマガを読んでくださった後は

いぎあ☆すてーしょんからプレゼントを差し上げます。

長年の関節の痛みから解放されるかどうか?

は、以下をクリックするかどうかで決まります。

まずはメルマガを読んでみてください。

次ページ