前ページ

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

接客力を上げる体質学の知識
いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

腱鞘炎の原因は

単に手首の使い過ぎ?



OLの方や、字を書く作業の多い方

指先を長時間に渡って動かす


PCを常時使われている方に多い

手首の腱鞘炎。

指先の運動が激しい


音楽家にも多い

ようです。

足首の腱鞘炎などもあるのですが

この号では頻度の多い「手首」について書きます。

腱鞘とは...

腕の筋肉の端っこが ひも状の腱(けん)になって

指の骨にくっついているのですが

その腱を包む鞘(さや)のことを腱鞘と言います。

なかには滑液という潤滑液が入っていて

腱の動きを滑らかにしています。

この腱と腱鞘の間の滑らかな動きが障害され

炎症を起こしている状態を 狭窄性腱鞘炎といいます。

具体的な症状としては


手首の痛み、バネ指


などがあります。

(腱鞘炎について詳しくはネットなどで調べてみて下さい。)

一般的な治療法としては

○冷やす
○抗炎症剤を用いる
○腕などをマッサージする
○安静にする

などです。

では、手首が痛む腱鞘炎


これも手首自体が悪い訳ではないケースが多いのですが

何処が悪いのでしょう?

肘?肩?指?

正解は 「背中・肩・前腕」


手首が痛んでいるのに背中や肩・腕が原因なの?

そうです。 上記に挙げたような治療法は

症状を抑える効果はありますが

ちゃんと治って、再発しないための役にはあまりたちません。

ちゃんと治って、再発しないようにするためには

背中や肩、腕の筋肉の強張りを緩めなければいけません。

なぜ、背中や肩・腕の筋肉が強張っていると

手首を傷めるのでしょうか?


それは 指は単独で動くものではないからです。

皆さんが指先を動かして何かを行っている時

実は背中や肩・腕の筋肉も使っている
のです。

ですが、背中や肩の筋肉を使っている、と言っても

それほど大きく動かしている わけではありません。

殆ど意識されない程度の動かし方です。

でも、実はこの、微妙な(小さい)動き

というのが結構筋肉にとっては負担になります。


例えば美容師さんの左手

よく動かすのは右手なので「右肩がこりそう」

というイメージですが

実は左肩が凝る方が多いのです。

それは、左手は櫛を持って

あまり大きく動かさないからなんです。

あとは、パントマイムをやる人が

「銅像のように動かずにじっとしている」

というのがありますよね。

あれもものすごく大変なんです。


そういう風に筋肉に負担をかけるようなことを

いつもしていると

筋肉がロック(拘縮)しやすくなります。

腱鞘炎も、肩・背中・腕の筋肉のロックが原因です。


実は


ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり、引っ張ったりしても

解除されません


ですから、背中・肩・腕の筋肉にロックがあると

腱鞘炎と診断される手首の慢性痛は

なかなか改善できません。

そもそも

腱鞘炎と診断されて来られる患者さんで

本当に腱鞘炎だった人はほとんどいません。

なぜか?

炎症とは怪我を治すための体の治癒力の現れです。

ですから怪我が治れば

炎症そのものは引いてしまいます。

そして、怪我=傷 が治るのに、だいたい3日〜1週間

もし、それ以上痛みが続くようなら

それは急性期の怪我が治ったあとの

慢性痛なんです。

だから

一般的な治療法である

○冷やす
○抗炎症剤を用いる
○腕などをマッサージする
○安静にする

では、慢性化した痛みをなくすことはできません。

慢性痛を改善するためには

背中・肩・腕に起こっている

筋肉ロックを解除することが必要です。

それらの筋肉がロックしていること、そのことが

手首に負担をかけ、手首が最終的に痛んでいるだけなんです。

「慢性の手首の痛みが筋肉に関係するのは

ページを読んでなんとなく分かった。

でも果たして【自分の】手首の痛みは
この整体(ミオンパシー)で良くなるのだろうか?」

をお知りになりたくないですか?

「当然、知りたい」それならば

いぎあ無料関節痛改善メールマガジンを
ぜひお申し込み下さい。

あなた様が気になっていることの答えはそこにあります。

そして、数通のメルマガを読んでくださった後は

整体院いぎあ☆すてーしょんから
プレゼントを差し上げます。

慢性化した手首の痛みから解放されるかどうか?

は、以下をクリックするかどうかで決まります。

慢性の関節痛改善のための無料メールマガジン


腱鞘炎と診断される手首の痛みの原因


筋肉のロックとは?

次ページ