前ページ

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体

接客力を上げる体質学の知識
いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

股関節の痛みは
お尻の筋肉が原因


股関節痛って

股関節が悪いから痛むんじゃ?

そういうケースもありますが、それよりも

股関節の痛みは筋肉が原因

の方が、はるかに多いのです。

股関節にも

多くの筋肉が関係しています。

股関節の動きには


○前後への動き(屈曲・伸展)

○横への動き(外転・内転)

○捻る動き(外旋・内旋)


と、それらの組み合わせがあります。

このうち

股関節の後ろと外側への動きにはお尻

股関節の前と内側には太腿

股関節を捻る動きにはお尻と太腿

が、主に関係します。

ちなみに

股関節に無理がかかると

お尻の奥の方に痛み


が出ます。



いわゆる「お尻のえくぼ」と言われる、横側のすこし凹んだところ

その辺りの奥の方に「股関節」があるからです。

その股関節から斜め上外側にあるのが

股関節と大転子
大転子という大腿骨の一部分

まっすぐ立って手を身体の横に垂直に降ろした時

手のひら辺りに当たる骨です。

大転子には いろんなお尻の筋肉がくっついています。

アウターマッスル

呼ばれる 「大殿筋」等の大殿筋
主に股関節伸展(足を後ろに動かす動作)に関係する筋肉


インナーマッスル

と呼ばれる

「梨状筋」等のように股関節を捻る動きに関係する筋肉

これらの筋肉が強張ると、股関節の動きが悪くなります。

それで、痛みが出るのです。

えくぼの奥ではなく、お尻の表面に近い所が痛い時は

股関節ではなく、お尻の筋肉そのものの痛みです。

その他


脚を外に広げる動き(股関節外転)の時にお尻の奥が痛い時は

太腿の内側の筋肉「内転筋」等が縮んでいます。


例えば 床に座って脚を左右に開き、身体を前に倒した時

太腿の内側が突っ張りますが

それはまだ筋肉の強張りがひどくないのです。


太腿の内側の筋肉の強張りが強くなると

内側の筋肉の突っ張りよりも お尻の奥の痛みの方が強く
なります。

これは 太腿の内側の筋肉(内転筋)の

強張りが強すぎて

痛みを感じるところまで伸びていない状態
なのです。

そのことによって股関節に負担がかかるので

股関節に痛みを感じるのです。

それは お尻の筋肉に関しても同じです。


伸ばしている筋肉そのものの痛みではなく

お尻の奥に痛みを感じる場合

お尻の筋肉が縮みすぎている

ということです。

ですから、股関節にかかわらず、関節付近に痛みが出る場合

関節そのものが悪いわけではなく

周囲の筋肉の強張りが原因であるケースが多いので

痛んでいる場所だけを施術しても治りません。

次ページ