前ページ

慢性関節痛改善の間違った常識と正しい知識コラム

腰痛・肩こり予防のセルフ整体



接客力を上げる体質学の知識

 いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約
 

背骨の変形は

本当は腰痛の原因ではありません

 


腰痛症になった方の中で、整形外科などで

レントゲン写真を見た先生が

「背骨が変形していますね、これが腰痛の原因です」

「変形した骨が神経を刺激して、腰が痛むのです」

さらに

「老化による骨の変形が原因だから腰痛は仕方ない」

などと言われたことがありませんか?


背骨の変形は

腰痛の原因ではありません



理由は2つ

@
レントゲン写真に映った背骨の変形は

「結果」であって「原因」ではない


見えたものは結果でしかなく

見えないところにこそ本当の原因がある

のです。

レントゲン写真にしてもCTスキャンやMRIの画像にしても

現在の状況を把握するとはできますが,、原因は映りません。

背骨の変形に関しては

なぜ変形したのか?

を映すことはできません。

また

背骨が変形した時期にしても

たまたま検査した時に見つかっただけで

その背骨の変形が

痛みが出る直前に起こったものかどうかは分かりません。

ですから、背骨の変形を痛みの原因とすることには

無理があります。

大事なのは


背骨を変形させてしまった原因

です。

背骨がゆがんだ原因を


強張った筋肉が、体の歪みを生じさせ

その結果

一定の場所に無理がかかり続けたことにより

背骨が変形する


だと考えたほうが自然ではないでしょうか?。

ですから、腰の痛みは

変形した骨がもたらすものではない

と、いぎあ☆すてーしょんでは考えています。


A
腰痛のない方でも背骨が変形している人は

たくさんおられるはず


もし、骨の変形が腰痛をもたらすのだとしたら

年を取れば必ず腰痛になる。

ということになりませんか?

誰でもある年齢になれば多少の骨の変形はあるものです。

日本ではそういう統計は取られてなかったと思いますが

腰痛のない方でも背骨が変形している人は

たくさんおられるはずです。

でも実際には


ある年齢を超えたら必ず腰痛症になる。

などということはない

訳ですから

背骨の変形と腰痛には直接の関係はない

と言ってもいいのではないでしょうか。


ただ、骨粗鬆症になる確率の高い

女性の方がお年を召すと腰痛症になる人が多い。

という統計はあるようなので、100%そうではない

とは言い切れないかもしれません。

しかし、それも「変形があるから痛む」

という証明にはなっていません。

なぜなら、そういう骨粗鬆症による変形のある方でも

「痛まない」方もやっぱりおられるからです。


年配の女性で、腰が直角に曲がっている方がおられますが

ああいう風に曲がりきってしまうと痛くなくなり
腰が曲がったおばあさん
曲がる途中の方が痛い

という話をよく聞きます。

骨折や、変形があるから痛い、というのであれば

この話はおかしいですね。

曲がる途中の痛みは


背骨周辺の靱帯や筋肉が

重力で引き伸ばされる痛み
であり

骨折しきって、それ以上曲がらないところまで曲がると

骨が支えるので

靱帯や筋肉への負担がなくなり

痛まなくなる

と、考える方が理にかなっていると思います。


「年を取っているんだから

腰が痛いのは仕方ないと思って諦めなさい」

そう言われて

「これから先

一生腰痛と付き合っていかなければならないのか...」

という悲しい決断をする必要はありません。

筋肉の強張りをゆるめて、歪みを調整すると

腰痛は改善します。

その理由は

背骨の変形がある人の

背中や腰の筋肉は


ロック(拘縮)
してしまっている可能性があるからです。

ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は


もんだり、たたいたり、温めたり、引っ張ったりしても

解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

腰痛はなかなか改善できません。

ですが

ある方法で筋肉のロックは外すことができます。




次ページ