前ページ

ですから、普通は70歳ぐらいになると

そんなに長時間寝られない
んです。

ところが○○さんは
60歳にして12時間!

これは、はっきり言ってすごいです。

普通はそんなに眠れません、病気でもしていない限り。

この1ヶ月間、痛みのために疲れていた事を差し引いてもすごい。

だって、痛くて寝られないほどでは無かったわけですから

寝不足が続いていたわけではないんですから。


で、そんなに眠れた理由は

ミオンパシーの技術であちこちの筋肉の強張りを緩めたので

「交感神経」にだいぶ傾いていた自律神経が

「副交感神経」の方に急激に揺れ動き

長時間の睡眠、という形になって現れた
のです。

それにしても、元々の体が元気だからそんなに寝られるのですが。

寝るのにも体力が要るからです。

でも、後日ご本人が来られたとき

もう一度驚かされました。

「○○さん、12時間も寝たんですってね?」

「そうなのよ、二日も続けて」

「ええっ!二日も?」

「そうそう、あの日帰ったら眠たくて眠たくて夕方6時に寝て

目が覚めたら朝の6時。次の日も同じように寝たわよ。

あんなに寝たのは40年ぶり!おかげでスッキリやったわあ。」

それはそうでしょうね(笑)。

ちなみに、2回目の来院の日はそんなに寝れなかったそうです。

それも当たり前、もう自律神経の働きがほぼ正常に戻っていますから。

こういった自律神経系の症状は

筋肉のロック

が、引き起こします。

ロック(拘縮)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

筋肉のロック(拘縮)は

もんだり、たたいたり、温めたり、引っ張ったりしても

解除されません


ですから、一般的に行われる方法では

自律神経の失調症状は、なかなか改善できないのです。

自律神経失調の原因筋肉のロックとは?

what's筋肉ロック?

このページを読まれているあなたが

自律神経の失調症状で悩まれていて

「早く良くなりたい」

「自律神経の失調症状から解放されたい!」と

思っていらっしゃるのなら、

一度「いぎあ☆すてーしょん」の整体を受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

「ミオンパシー」で

あなたの自律神経の失調症状の解消をお手伝い致します。


整形外科医が認めた整体師と言ってくださった加茂先生の加茂整形外科医院

次ページ