前ページ

大腰筋
それは、下記に述べる


大腰筋のロック(拘縮)による痛み

腹筋を鍛えることで自前のコルセットを作り、予防する

ということです。


大腰筋が拘縮すると

身体を後ろに反らせることで痛みが出るので

後ろに反らないように腹筋を硬くしてしまう、のです。

これは、腰痛の改善や予防というよりも

私に言わせれば「ごまかし」です。

実際、あえて鍛えなくても

腰痛が出ないように

自然に腹筋が硬くなってしまっている人もおられます。

しかし、その方の腰痛は治っているわけではなく

痛みが隠れているだけです。

むしろ


腹筋が硬くなってしまっていることによる弊害の方が大きい

かも知れません。

※腹筋が硬くなってしまっていると内臓の働きが低下します


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

また、最近では

「大腰筋を鍛える事が大事」という説も出てきています。

解剖学的には「大腰筋は骨盤を前傾させる働き」つまり

出っ尻の形を作る働きをする、ということになっています。


これは「猫背気味の方の腰痛改善に役立つ」とされています。

ですが、これも私に言わせると間違いです。

確かに解剖学の理屈上では、そうなりそうに思えるのですが

現実には逆の場合が多いのです。


なぜなら、いぎあ☆すてーしょんに来られる腰痛症の方で

一番の原因として挙げられるのが


大腰筋の拘縮です。


大腰筋は背骨と大腿骨(太ももの骨)を繋いでいる筋肉で

姿勢の保持や体を前に曲げる・股関節を曲げる

等に使われます。

確かに適度な張りを持った大腰筋は

下手に鍛えると縮んでしまいます。

縮んだ大腰筋は、猫背型腰痛を作り出してしまいます。

では

腰痛はどうしたら改善・予防できるのか?

それは


強張った筋肉を和らげて

歪みを正したり

体のバランスを整えること。



まさしく「整体」をすることなのです。

これは別に整体院に通って下さい

と言っているのではありません。

自分でも仕事などで偏った姿勢を

違う運動(ラジオ体操)などをしたり

軽い運動(歩く等)を心がけること等で

体を整える事はできるのです。


特に


猫背型腰痛には「大腰筋を緩める事が大事!」


私たちは1994年から

数万人の猫背型腰痛を改善させてきました。

腰痛を改善する為に一生懸命腹筋・背筋運動を行っている方

今すぐ止めて下さい。


よけいにひどくなるかもしれません。

貴方の腰痛は

大腰筋を始めとした

股関節を曲げる筋肉の
ロック(拘縮)が原因

になっているのです。


その場合
しかるべき方法で

ロック(拘縮)を解除する必要があります



         筋肉のロックとは?

     what's筋肉ロック?

このページを読まれているあなたが

腰痛がなかなか治らない

ことに悩んでおられたら

腹筋背筋運動などは止めて

一度「いぎあ☆すてーしょん」の整体を受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な整体法

「ミオンパシー」で

あなたの腰痛の解消をお手伝い致します。


慢性腰痛改善無料メールマガジン

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

お電話でのご予約
072-632-9430

ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん 
大阪本店以外の直営店は以下3店舗

次ページ