前ページ

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

       

ミオンパシーの主な効果



○痛みやこりの解消

頭痛・腰痛・肩こりなど、身体についての悩みは様々ですが

原因は、症状と同じ数はありません。

主な痛み・こりの原因は

筋肉のこわばり(過緊張)

腸腰筋○
腰痛の場合

よくある例として

「座っていて立つ時に、痛くて腰が伸びにくい」

というものがあります。

この症状は

身体を前に曲げる働きをする
大腰筋という筋肉が

縮んで
るために起こります。

○肩こりの場合

首・肩・背中などの筋肉が強張り

血流が悪くなって鬱血(うっけつ)が起こり

疲労物質が筋肉や皮膚を圧迫することで

不快感を引き起こします。

○などの関節の痛みも

直接痛みを出しているのは「筋肉」「腱」「靱帯」部分が多く

骨が痛みを感じているわけではありません


これら、痛みやコリの原因になっている

筋肉の強張り
をゆるめれば

痛みやコリは解消します。


「骨盤や背骨などの

身体の歪み」も

「筋肉の強張り」が原因

肩こり慢性
だったら「マッサージや低周派治療器でゆるめたり

お風呂で暖めればなおるはず...」

ところが実際は

「いろんなことをやったり治療も受けてみたけど良くならない」

ので

いぎあ☆すてーしょんに来られる訳です。

施術をお受けになった後

自分の身体の調子を感じてみてください。

大部分の方は「楽になった」と感じられるはずです。

何故、他の方法では治らなかったのに

いぎあ☆すてーしょんの新手技療法

ミオンパシーで楽になるのでしょう?


秘訣は「筋肉のゆるめ方」

ストレッチやマッサージで楽になられた方は

いぎあ☆すてーしょんには来られません。

一般的な筋肉痛は筋肉の疲労物質である

「乳酸」などを流し出すことで楽になります。

これらは「ストレッチやマッサージ」で対処できる痛みです。

ところが、「慢性化した痛みやこり」に悩んでいる方の筋肉は

そのような筋肉の状態とは異なっています。

その方達の筋肉は

強張った状態から緩まなくなってしまっています。

この状態を「筋肉が拘縮している」と、言います。

拘縮した筋肉の状態がどうなっているか、というと...

筋肉の中にある

筋肉を護るためのスイッチが

入ったまま

になっている場合が殆どです。

※筋肉を護る為のスイッチとは

筋肉を構成している筋繊維というもののなかにある

「筋紡錘」というものです。

「筋肉を護るためのスイッチ」は

車のシートベルトと同じく

筋肉に無理な力が加わったときに入ります。

※筋肉中のシートベルトの仕組みについては

痛みの原因は筋肉もご参照下さい。


筋肉の拘縮(ロック)によって痛みが起こる仕組み

                 正常な筋肉
             
正常な状態の筋肉
           ↓

   ストレスがかかって引き伸ばされた筋肉
    筋肉に無理な力がかかると
          ↓   

       傷つくのを防ぐために縮んだ筋肉
    筋紡錘の働きで筋肉が収縮
          ↓

     ロックが慢性化して縮んだままの筋肉   
      拘縮した筋肉
          ↓

       ロックがかかって硬くなり血行が悪くて酸素が筋肉内に入らない

拘縮(ロック)して硬くなった筋肉は
血流が悪化して酸素不足になる

          ↓

 筋肉の酸素欠乏      →      脳が痛みを感じる
酸素欠乏になった筋肉が 酸素不足を脳に伝える 脳が痛みを感じる
                                      

次ページ