前ページ

腹筋

○第一段階

「筋肉を護るためのスイッチ」が入ると

筋肉はキュッと身を縮めて自分自身を護ろうとします。

初期のこの状態では、痛みなどが出ることもあまりなく

「筋肉の強張り」も殆ど意識されることはありません。


○第二段階

強張った筋肉は、伸びることも縮むこともままならず

周りの筋肉に影響を及ぼし始めます。

最初に強張ってしまった筋肉の働きをカバーするために

周りの筋肉に無理がかかり始めます。

すると、周りの筋肉も刺激に敏感になり

ちょっとしたことで「筋肉を護るためのスイッチ」が入りだします

「強張った筋肉」の範囲が拡がって行く

この頃から違和感や痛み・こりが意識され始めます。

皆さんが来院されるのは、大体この時期以降
です。

この段階では

強張った筋肉を圧迫すると痛み

を感じます。

○第三段階

この状態をさらに放置すると、徐々に身体は


痛みに鈍感
になり

少し状態が良くなったように感じることがあります。

訴えられる痛みは、鈍痛・重い・だるいというふうに

表現されることが多いようです。

「筋肉の強張り」が慢性化した状態です。

この第三段階の筋肉を圧迫すると

「痛いが気持ち良い」とか「くすぐったい」

という感覚になっています。

この段階になると、強張った筋肉には血流障害が起こり

筋肉の栄養である酸素やナトリウムなどのミネラル群が

供給されにくくなってきます。

○第四段階

らに放置すると、筋肉はますます強張り

筋肉を包んでいる筋膜などが

水分を失ってひからびたようになってきます。

筋肉の強張り第四段階です。

この段階の筋肉を
圧迫すると

触られている感覚が鈍くなり、感触はゴリゴリ

とした感じになってきます。

第三段階・第四段階の頃の筋肉になると

ほんの少しの刺激でも過敏に反応することがあります。

ぎっくり腰や寝違い、脚がつる

などの症状です。

「背骨や骨盤のゆがみ」がはっきり現れるのも

大体この時期です。


この段階になると


ストレッチをすると痛いだけ

無理に伸ばすと

ますます筋肉は、防御のために収縮します。

同じように強いマッサージなども逆効果
です。

他の整体法やカイロプラクティックなどで骨を矯正しても

筋肉の状態までは変えられませんから

すぐに元に戻ってしまうことも多いようです。

技術の差もあるようですが。

こういった「筋肉の強張り」をゆるめて

元の健康な状態に戻すためのテクニックが

ミオンパシーです。

新手技療法「ミオンパシー」


    
このテクニックで、様々な痛みやこりの大きな原因になっている

筋肉を護るためのスイッチが解除

(筋紡錘からの信号が途絶える)されます。

すると、、強張った筋肉を圧迫した時の


痛い・くすぐったい・痛くて気持ちいい

などの感覚が

施術後は「ただ普通に押さえられているだけ」の

感覚になります。

それが

筋肉の強張りが緩んで元の状態に戻った感覚

です。

短くなっていた筋肉は元の長さに戻り

筋肉が健康な状態に戻ります。

収縮して酸素欠乏になることで

筋肉が発していた痛みの信号は消え

圧迫されていた血管に留まっていた

乳酸などの疲労物質・炎症物質が流れ
出します。



                     

次ページ