新手技療法ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん大阪本店
筋肉の機能異常=筋肉ロックを解除して慢性痛改善ミオンパシー
総院長松尾ブログ間違いだらけの慢性痛治療スクールのご案内いぎあ☆整体塾
本文へジャンプ
 HOME > テニス・ゴルフ肘

igiastationをフォローしましょう

ミオンパシー
いぎあ☆すてーしょんFACEBOOKページにいいね!してください。
いろいろな情報をアップしていっています。
いいね!を下さった方だけにお得な情報も。


間違いだらけの慢性痛治療

一覧
ゴルフスライス治し方

ランニングストライドが伸びない

ランニング中の足裏痛

テニス肘の原因と対応

筋トレのデメリット


スポーツのパフォーマンスが上がらないワケ

ゴルフ肘の原因

スポーツ中は痛まない筋肉痛

ランニング中の腰痛

上半身を使って走るために

ランナーさんの股関節外側の痛み

野球肘について

ふくらはぎの痛み張り、怪我

ランニング中の膝内側の痛み

ランニング中の膝外側の痛み

ランニング中の膝の痛み

ゴルフで痛めた指

ゴルフスイングで痛めた脇腹

ゴルフで痛めた手首痛

ゴルフで痛めた背中

ゴルフ上達のポイント・テンポ

ゴルフスイングねじれるのは股関節

ゴルフで痛めた首痛

ゴルフのヘッドスピードを上げるには

バレエが上達しないのは

スポーツ関連情報

腰痛関連の正しい知識

頭痛・肩こり寝違いの正しい知識

関節痛関連の正しい知識

腰痛肩こり改善セルフ整体

自律神経のアンバランス

肺葉学・アーユルベーダの体質学

いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

テニス肘・ゴルフ肘などで
お悩みですか?



痛い部分は肘の関節そのものですか?

おそらくそうではないですよね?

痛む部分は肘の内側

もしくは外側の骨の出っ張ったところではないですか?

そうなんです。

ほとんどのテニス肘・ゴルフ肘で痛むのは

前腕の筋肉が前腕の骨にくっついている

腱の部分です。


テニス・ゴルフで痛める肘の場所

●テニスの場合

右利きの方の肘の外側の痛みは

バックハンドでボールを打つときの衝撃

内側の痛みは

フォアハンドでボールを打つときの衝撃で生じます。



テニス肘

上の写真をご覧いただければわかるように

ラケットを握り、ボールを打ちにいく体勢の時でも

こんなに前腕の筋肉に力が入っていますね。

これが実際にボールとラケットが衝突する

インパクトの時の衝撃は、かなりのものです。

これを何度も繰り返すわけです。

ゴルフでは、両手でクラブを持つので

ダフった時などに右利きの方なら

左肘外側を痛めることが多いはずです。



では、インパクトの時の衝撃がなぜ

肘の痛みに繋がるのでしょうか?

それは

●前腕の筋肉がインパクトの衝撃を何度も受ける

●筋肉の中にある筋紡錘が

筋肉を守るために筋肉に対して

「縮め」という信号を出す

●筋肉が収縮して伸び縮みの能力が落ちる。

●筋肉ロック=機能異常が慢性化する。

●ボールを打つたびに

前腕の筋肉の肘側の付着点に無理がかかる

●筋肉がロックして痛み出す

という流れになります。

漫画で学ぶ筋肉ロックのしくみ

筋肉は、ものすごくたくさんの筋繊維が集まったもので

実際には筋繊維単位で

ロック=機能異常を起こしますから

すぐに
痛みが出るわけではなく

筋肉中の筋繊維のロックの割合がどんどん増えて

これ以上は筋肉そのものや関節が壊れる

という時点まで来てはじめて痛みが出だします。

この時点でほとんどのテニスプレイヤー・ゴルファーが

することは

練習を休むことです。

みなさんもそうではないですか?

確かに、使いすぎで炎症を起こしている場合

休むと炎症が治まり痛みは引きます。

でも、やり出すとまた痛みますよね?

これを繰り返していると

少しボールを打っただけで痛くなったり

長期間休まないと痛みが引かなくなったりしてきます。

それは間違いなく悪化している、ということです。

痛み止めの薬なども

炎症の痛みを感じなくしているだけで

インパクトの衝撃を和らげているわけでもなく

痛みの原因=筋肉のロックを

解除しているわけでもないので

やはり悪化していきます。

ここまでお読みいただいてお分かりのように

テニス肘・ゴルフ肘などの痛みを根本的に改善し

本当に治っていくようにするためには

筋肉の機能異常

=筋肉ロックを解除する必要があります。



筋肉のロックを解除してあげることで

前腕の筋肉が正常に伸び縮みするようになれば

肘の付着点への負荷がなくなり、痛みがなくなります。


でも、なぜ休んでいても

筋肉の機能異常=筋肉ロックは

自然に治っていかないのでしょう?

ロック(機能異常)した筋肉は

自然に元の状態に戻ることはなく

時には数十年も縮んだまま

ということもあります。

なぜなら、筋肉ロックは

筋肉や関節を守るための仕組み

であって

「もう筋肉に無理がかかっていない」

ということを筋肉

※正確には筋肉に縮めという信号を

出し続けている筋紡錘

に教えてあげる必要があるのです。

筋肉のロックは

もんだり、たたいたり、温めたり

引っ張ったりしても解除されません。


普通に安静にしていても、筋紡錘は

「負荷がかかり続けている」と勘違いをしています。

ですから、上記のような一般的に行われる方法では

ロックは解除できません。

むしろやり過ぎると

ますます筋紡錘が信号を出し

どんどんロックする筋繊維の数が増えていきます。

ボールを打てば打つほど悪化するのも

こういうワケです。

what's筋肉ロック?

このページを読まれているあなたが

テニス肘・ゴルフ肘などで悩まれていて

テニスで傷めた肘痛を治したい


ゴルフの肘の痛みから解放されたい!


と、思っていらっしゃるのなら

一度、整体院いぎあ☆すてーしょんの新手技療法

ミオンパシー®を受けてみて下さい。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」著者

加茂整形外科医院加茂院長に

「整形外科医が認めた整体」と言っていただいた

安心安全で効果的な
ミオンパシー

あなたの痛みを解消します。

まず1度だけ

安全安心、体に優しいミオンパシー

お試しください。

痛みの軽減だけでなく

体の変化に驚かれると思います。



その上で

これテニスが原因の肘の痛みに

いいかもしれない

これでゴルフの時の肘痛が治るかも...


と、感じられたら

そこであらためて通院を

考えていただければと思います。

あくまでも平均ですので

人によって異なりますが

通常、テニスやゴルフが原因で痛めた

肘の痛みの改善には

1~2回の通院が目安です。



これでテニスで痛めた肘痛が

治るかもしれない


もしくは

これでは肘痛の改善は無理そうだ

は、たいていの場合、初回の施術で

感じていただけると思います。

効果を感じられないまま

何回も頻繁に

通っていただくようなことはしていません。

安心してご予約ください。

いぎあ☆すてーしょん総院長 松尾毅


いぎあ☆すてーしょん大阪本店オンライン予約

お電話での予約お問い合わせは
072-632-9430

いぎあ関節痛改善無料メールマガジン

ミオンパシー施術サロンいぎあ☆すてーしょん
大阪本店以外の直営店は以下4店舗

いぎあ☆すてーしょん東京白金台いぎあ☆すてーしょん芦屋いぎあ☆すてーしょん五反野


いぎあ☆すてーしょん湘南

その他各地に
ミオンパシー習得者が開業しています。
全国ミオンパシーサロンリンク



ご自身の症状や、整体法について質問がある方は

いぎあすてーしょん大阪お問い合わせ
072-632-9430  

整形外科医が認めた整体師と言ってくださった加茂先生の加茂整形外科医院



facebookバナー
いぎあ☆すてーしょんFACEBOOKページにいいね!してください。
いろいろな情報をアップしていっています。
いいね!を下さった方だけにお得な情報も

since 1992Copyright(C)1995-2017 大阪茨木整体院 いぎあ☆すてーしょん All Rights Reserved