WEB予約はこちら
072-632-9430
WEB予約

研究誌

研究誌

腸腰筋と腰痛の関係

大腰筋・小腰筋・腸骨筋

合わせて腸腰筋と呼ばれる筋肉群です。

腰痛・股関節痛、骨盤や姿勢の歪み

などに大きく関係する筋肉群です。

その中でもとくに大腰筋は

腰椎と大腿骨を繋いでいるので

両方の可動域に関係します。

小腰筋は、ほぼ大腰筋と同じ働きをします。

腸骨筋は、股関節のみの

可動域に関係します。

これらの筋肉が

慢性の痛みを起こす原因になる時は

筋肉が慢性的に硬直=ロック

している時です。

腸腰筋は

股関節と腰椎の可動域に関係しますので

腰痛、主に伸展制限型の腰痛の

原因になります。

伸展制限型とは

◯立っていると痛い

◯猫背になりやすい

◯仰向けで寝ると痛い

◯椅子から立つ時に伸びにくい

など

体を後ろに反らせると

腰が痛むタイプの腰痛です。

こういったタイプの腰痛改善には

体を後ろに反らせても

痛まないようにしてあげる

ということが必要かつ重要です。

そのためには

股関節や腰椎を前に曲げる

筋肉群である

腸腰筋が硬くなっているのを

和らげてあげなくてはなりません。

それが出来るのが

筋肉ロックを外して

筋肉を元の柔軟な状態に戻す

いぎあ☆すてーしょんの

新筋肉療法ミオンパシーです。

筋肉ロックとは

車のシートベルトと似た仕組みで

体を保護するシステムです。

筋肉に無理な負荷が掛かった時に

筋肉自身や関節を守るために

車のシートベルトがロックする時のように

キュッと硬く縮みます。

この状態が慢性化したものを

ミオンパシーでは筋肉ロック

と、呼んでいます。

筋肉ロックとは?

 

メニュー・料金 

ご予約は、下記リンクから

24時間いつでもお取りいただけます。

オンライン予約

お知らせ
ブログ

お問い合わせ

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。