WEB予約はこちら
072-632-9430
WEB予約

研究誌

研究誌

お尻や太ももの筋肉が硬くて腰が痛くなる理由

大臀筋・中臀筋・ハムストリング・大内転筋

これらの筋肉は

こういう、股関節を曲げる時に

伸びるのですが

これらの筋肉が伸びにくくなると

腰に痛みが出やすくなります。

伸びなくなる原因は

筋肉や関節を守るシステムが働くからです。

筋肉は、強く、あるいは急激に

引き延ばされると

筋肉そのものや、関節を守るために

キュッと縮むという性質があります。

この仕組みは

筋繊維に巻きついている筋紡錘が行なう

防御システムです。

ところが

引き延ばされた後も

この仕組みが働き続けることが

よくあります。

それが、筋肉の拘縮の慢性化

「筋肉ロック」です。

筋肉ロックが起こると

筋肉は慢性的に伸び縮みしにくくなり

さまざまな痛みやこり

自律神経のアンバランスにも

繋がります。

いぎあ☆すてーしょんの

新筋肉療法ミオンパシーは

こういった筋肉ロックを

効果的に、安全に痛みなく解除して

慢性の痛みやこり、体調不良などを

改善するために開発しました。

しかも

腰の痛みの原因が腰になく

脚やお尻にある、ということなどを

理論立てて発見してきたことも

ミオンパシーの特長です。

新手技療法ミオンパシーは

アメリカでは20年以上前に発表された

筋筋膜性疼痛症候群を

日本で最初に提唱された

整形外科の先生にも認めていただいている

科学的根拠に基づいた安心安全

痛みを伴わない最新の手技療法です。

筋肉ロックとは

車のシートベルトと似た仕組みで

体を保護するシステムです。

筋肉に無理な負荷が掛かった時に

筋肉自身や関節を守るために

車のシートベルトがロックする時のように

キュッと硬く縮みます。

この状態が慢性化したものを

ミオンパシーでは筋肉ロック

と、呼んでいます。

筋肉ロックとは?

 

メニュー・料金 

ご予約は、下記リンクから

24時間いつでもお取りいただけます。

オンライン予約

お知らせ
ブログ

お問い合わせ

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。