WEB予約はこちら
072-632-9430
WEB予約

研究誌

研究誌

解剖学を学ぶと腰痛の原因を間違える

腰痛の原因の95%は大腰筋にあり

慢性の腰痛に悩んでおられる皆様へ

腰痛の95%以上に関係する大腰筋です。

医学書などには

この図で示されている大腰筋は

骨盤の前傾と、腰椎の前弯を

作る働きをする

と、記述されています。

ですから、この図のように↓

大腰筋の拘縮

大腰筋が短縮状態になると

骨盤の前傾、腰椎の前弯が強くなり

弱って筋力が落ちると

骨盤が後傾、腰椎の前弯が減る

と、考えがちです。

ですが、大腰筋は

上から下に縮むばかりでなく

下から上に向かって縮むこともあります。

その場合

大腰筋が短縮すると

骨盤が後傾し

腰椎の前弯が減ります。

そのことによって出来る姿勢は

猫背で、顎が前に突き出る姿勢です。

骨盤が後傾して猫背

これは決して大腰筋が弱ってなる

姿勢ではありません。

本当?と思われたら

立って体を後ろに反らす、とか

腹ばいになって、上体を反らす

ということをやってみてください。

硬い、腰が痛いと感じられたら

間違いなく大腰筋が硬くなっています。

硬くなっているのだから

大腰筋を鍛えても猫背が治りませんし

腰痛も治らないのです。

鍛えるのではなく

硬くなった大腰筋を

緩めることが

猫背や腰痛の改善方法として

最適なのです。

筋肉の慢性的な短縮(筋肉ロック)を

緩めるのは

いぎあ☆すてーしょんの

新筋肉療法ミオンパシーに

お任せください。

新手技療法ミオンパシーは

アメリカでは20年以上前に発表された

筋筋膜性疼痛症候群を

日本で最初に提唱された

整形外科の先生にも認めていただいている

科学的根拠に基づいた安心安全

痛みを伴わない最新の手技療法です。

筋肉ロックとは

車のシートベルトと似た仕組みで

体を保護するシステムです。

筋肉に無理な負荷が掛かった時に

筋肉自身や関節を守るために

車のシートベルトがロックする時のように

キュッと硬く縮みます。

この状態が慢性化したものを

ミオンパシーでは筋肉ロック

と、呼んでいます。

筋肉ロックとは?

ご予約は下記リンクからお取りいただけます。

メニュー・料金 

ご予約は、下記リンクから

24時間いつでもお取りいただけます。

オンライン予約

 

お知らせ
ブログ

お問い合わせ

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。