WEB予約はこちら
072-632-9430
WEB予約

研究誌

研究誌

開脚が硬いのは、この筋肉の硬さが原因かも

ベターっと広がる開脚が誰にでも必要なのか?

ということはひとまず横に置いておいて

 

股関節が痛いとか

動きが悪いとか

開きにくい

という症状がある皆様へ

その原因になっている要素の一つが

大内転筋の筋肉ロックです。

大内転

大内転筋は、股関節を内転

恥骨前部への付着部分は股関節を屈曲

後部への付着部は股関節を伸展。

わずかな内旋、という仕事をします。

ですから、この筋肉が硬直して

伸びにくくなると

反対の動きである

股関節の外転・外旋・屈曲・伸展

の動きが制限されます。

これらの動きが制限されると

「股関節が開きにくい」

「股関節が痛い」

「膝が痛い」

などの痛みや、可動域が狭い

という症状が出やすくなります。

これらの症状が出た時

多くの人は「この筋肉が弱いから」

という判断をしがちです。

ところが、ほとんどの場合

弱いのが原因ではなく

硬いのが原因、なのです。

この筋肉が慢性的に硬直した状態を

ミオンパシーでは「筋肉ロック」

と、名付けています。

筋肉ロックは、揉む、押す、伸ばす、温める

などでは解除されることはありません。

いぎあ☆すてーしょんの

新筋肉療法ミオンパシーは

筋肉ロックを解除するために開発された

最新の手技療法です。

この記事を読んで

「自分の症状は大内転筋に問題?」

と、思われたら

危険なく痛みのないソフトな療法

ミオンパシーを受けてみてください。

効果のあるなしは

初回で感じていただけます。

新手技療法ミオンパシーは

ミオンパシーは

アメリカでは20年以上前に発表された

筋筋膜性疼痛症候群を

日本で最初に提唱された

整形外科の先生にも認めていただいている

科学的根拠に基づいた安心安全

痛みを伴わない最新の手技療法です。

筋肉ロックとは

車のシートベルトと似た仕組みで

体を保護するシステムです。

筋肉に無理な負荷が掛かった時に

筋肉自身や関節を守るために

車のシートベルトがロックする時のように

キュッと硬く縮みます。

この状態が慢性化したものを

ミオンパシーでは筋肉ロック

と、呼んでいます。

筋肉ロックとは?

 

メニュー・料金 

ご予約は、下記リンクから

24時間いつでもお取りいただけます。

オンライン予約

お知らせ
ブログ

お問い合わせ

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。