WEB予約はこちら
072-632-9430
WEB予約

研究誌

研究誌

脇腹の痛みの原因は  肋間神経痛?

体をねじったり
ひねったりすると
脇腹が痛い原因は?

考えられるのは

肋間筋・前鋸筋・腹斜筋

などが硬くなって

伸びにくくなっている、ということです。

筋肉は、硬くなっている状態で引っ張られると痛みが出ます。

特に異常がない筋肉は
ストレッチなどをしても「伸びてる」という感覚だけですが
硬くなっていると「痛い」と感じます。

その硬くなっている状態を

「筋肉がロックしている」

状態といいます。

筋肉は
強く引っ張られると
車のシートベルトのようにロックして
筋肉や関節を守ろうとします。
一時的なものだとすぐに元に戻りますが
これが慢性化してしまうことがよくあります。
これが「筋肉ロック」です。

筋肉ロックについて詳しくは

下のリンクをクリックしてご覧ください。

筋肉ロックとは?

筋肉ロックがあると
動いた時に筋肉が伸びず痛みを感じてしまうのです。
これを解消するには

痛みの原因になっている筋肉ロックを
リリースしなくてはなりません。

いぎあ☆すてーしょんの手技

新筋肉療法ミオンパシーは

筋肉ロックを解除するために開発された手技療法です。

体のあちこちにある筋肉ロックを

安全にしかも効果的に緩めて、筋肉を元の柔軟な状態に戻します。

すると、どんな動作をしても痛みなどは出なくなります。

体をねじったりひねったりした時に

あるいはじっとしていても脇腹が痛い場合も

筋肉ロックを外してあげれば解決します。

体をねじった時の脇腹の痛みでお困りでしたら

一度いぎあ☆すてーしょんにお越しください。

脇腹痛の改善にはそんなに時間はかからないと思います。

ミオンパシーの施術の方法

ロックしている筋肉の場所=ロックポイント

を、見つけて

「硬い・痛い」というロックポイントが

緩む姿勢を取ります。

施術を受ける方が、その姿勢によって

どこかに痛みが出ないか確かめつつ

腕や脚などを持ち上げたりしながら

ロックポイントが緩み、硬さや痛みが消える姿勢を探し

痛みがどこにも出ないようなら、その姿勢を約90秒保ちます。

90秒経ったら、ゆっくり元の姿勢に戻します。

たったこれだけです。

こういう施術を

皆さんの慢性の痛みやコリの原因になっている筋肉の

ロックポイントごとに行います。

ロックポイント1箇所につき

見つけて緩む姿勢をとって戻すのに

最短で120秒ほどかかります。

60分の施術で

最大30箇所緩められる計算になります。

実際には、お話しながら

あるいは症状についてお聞きしながらですので

そこまでの場所は緩められませんが

なるべくたくさんの筋肉ロックを外して

痛みが初回から軽減するように努めています。

こういうような

体にまったく負担をかけないソフトで安全な技術です。

ミオンパシーは

整形外科医の先生にも認めていただいている

科学的根拠に基づいた

痛みなく安心安全な最新の手技療法です。

はじめての方でも安心してお受けいただけます。

メニュー・料金 

ご予約は、下記リンクから

24時間いつでもお取りいただけます。

オンライン予約

お電話でのご予約お問い合わせは

072-632-9430

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。

1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。

すると

次のような画面になります。

こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

お知らせ
ブログ

お問い合わせ

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。