WEB予約はこちら
072-632-9430
WEB予約

研究誌

研究誌

肩甲骨が動きやすいとゴルフが上手くなる?

ゴルフのパフォーマンスアップに肩甲骨

ゴルフの

パフォーマンスアップに

肩甲骨の可動域が

大きく関係している

というのことをご存知ですか?

ゴルフのスイング時には

右打ちの場合、テイクバックで

右の肩甲骨が内転(内側に寄る)

左の肩甲骨が外転(外側に寄る)します。

肩甲骨内転外転

この時、肩甲骨の動きが柔らかいと

体の軸をブラさずに

上半身をねじることができます。

ゴルフのスイングをする時に

肩甲骨の動きが硬いと

胴体の部分で捻る必要が出てきます。

でも胴体部分はそれほど大きくは

ねじられないので

股関節部分でも捻るわけです。

 

股関節が柔らかい人は

上体の硬さをカバーできるように思いますが

だいたい

股関節が硬い人は肩関節も硬いので

大きなスイングアークを求めると

体の軸が左右にぶれる

スウェイ↓

ゴルフのスウェイ

または

テイクバックで左肩が下がり

インパクトで右肩が下がる

いわゆる

ギッタンバッコン=リバースピボット

ゴルフギッタンバッコン

の、スイングになってしまいがちです。

 

ですから

ゴルフのスイングで

極力体の軸をブラさずに

水平に肩が回るようにするためには

股関節と

肩甲骨の動きを含めた

肩関節の動きの柔軟性が必要です。

※股関節の可動域に関しては

別のページに掲載します。

 

このページでは

肩関節、特に肩甲骨の可動域に

関する情報をお届けします。

ですが

肩甲骨がよく動いた方がいい理由は

ゴルフ雑誌やネット上にも

レッスンプロの皆さんなどが書かれていますので

そういう情報・知識は

プロの皆さんにお任せするとして

 

私たちが違う分野のプロとして

お伝えできるのは

ゴルフのスイングで重要な

肩甲骨の可動域が

なぜ狭くなるのか?

そして

可動域を大きくするには

どうすれば良いのか?

について、です。

ゴルフのレッスンプロの皆さんが

肩甲骨の可動域を広げる方法として

一般的に書かれているのはストレッチです。

 

が・・・

 

残念ながら、肩甲骨の十分な可動域を

長期間にわたってキープすることにおいては

ストレッチはあまり有効ではありません。

 

なぜなら

筋肉は、粘土や餅ではないので

伸ばせば伸ばすほど伸びる

というものではありません。

筋肉は粘土でも餅でもない

筋肉の性質は

粘土や餅よりゴムに近いので

ストレッチしたとしても

しばらくすると元に戻ります。

 

ですが

ほとんどの皆さんは

筋肉に対するイメージを

粘土や餅のように感じておられるので

懸命にストレッチをするわけです。

 

ストレッチも

全く無駄、という訳ではないのですが

ストレッチで柔軟性を保つには

四六時中やっていないとなりません。

 

そういう私も

ラウンド中には、待ち時間などにストレッチを行います。

ですがその意味は

じっとしていると

筋肉が動かしにくくなるからであって

柔らかくしようとしている訳ではありません。

元メジャーリーガーのイチロー選手も

試合中でもよく体を動かしていましたよね?

あれも

柔らかくしようとしているのではなく

すぐに俊敏に動けるように準備しているだけです。

イチロー選手は

初動負荷理論に基づいた特殊なマシーンで

トレーニングしているので

ことさらストレッチしなくても

柔軟な筋肉を保っています。

だから、ストレッチは必要無いのです。

 

ところが、私たちは

数百万円もするマシーンを

揃えることができません。

買えたとしても、置くところがありません(笑)。

 

だったらどうしたら?

 

それは

ストレッチを

柔らかくするためではなく

柔らかさをキープするために行う

というレベルにするために

 

筋肉ロックをリリースする

 

ということをすれば良いのです。

 

筋肉ロックについて詳しくは

下のリンクをクリックして

ご覧ください。

筋肉ロック?

 

イチロー選手がなぜ

ストレッチしなくても良いのかと言うと

初動負荷トレーニングでは

筋肉がロックしにくいのです。

 

※初動負荷トレーニングについては

ここで述べると長くなりすぎるので

また別の機会に述べますね。

 

とにかく

一般の方の筋肉は

長年のうちに徐々に筋肉がロック

つまり、慢性的に硬直しているので

いくらストレッチをしても

それほど柔らかくはならないのです。

 

ストレッチの効果は

本当に

ストレッチしてしばらくの間だけです。

ですから、クラシックバレエをしている方や

新体操の選手などは

ストレッチする時間をとても多く取っています。

少しストレッチをやらなくなると

すぐに硬くなってしまうからです。

 

反対に

ストレッチを、例えば練習前、ラウンド前に

やりすぎると

筋肉の弾力性が低下して

筋肉の伸縮率が落ちます。

つまり

筋肉は伸ばしすぎると

筋肉が十分に

力を入れて発揮できないので

パフォーマンスが落ちるのです。

このことについても

ここ数年で

常識になりつつあります。

実際、新体操の選手などでも

一般の人と比べると

比較にならないほど柔軟なのに

身体のあちこちが痛い

などという選手は山ほどいます。

 

ストレッチが必ずしも
怪我の予防にはならない
という証拠ではないでしょうか。

 

筋肉ロックとは

筋肉に大きな、急激な伸ばす力がかかることで

筋肉や関節が壊れないように守るシステムが

慢性化して元に戻らなくなっている状態です。

 

筋肉ロックがあると

ストレッチがかえって筋肉を硬くする

ということさえあります。

短くなっている筋肉に

さらに伸ばす力を加えることで

もっと筋肉が守ろうとするからです。

 

だったらどうしたら?

 

筋肉ロックを外す方法は
ストレッチと真逆です。
硬くなって縮んでいる筋肉を
さらにたるませてあげます。
すると、筋肉は
自発的に緩むのです。

筋肉ロックを外す手技MSR
(筋紡錘解放テクニック)は
筋肉を外からの力で伸ばすのではなく
筋肉が自ら緩むので
効果が長持ちします。
この方法は
アメリカの徒手医学
オステオパシーの理論と技術を
応用して
いぎあ☆すてーしょん総院長の
松尾が、十数年かけて
開発してきた手技療法です。
ゴルフのパフォーマンスを上げるために
飛距離を伸ばしたり
正確性を向上させるために
肩甲骨の可動域を広げるには
肩甲骨を動かす筋肉の
ロックをリリースしてあげればいいのです。

その筋肉とは

僧帽筋

僧帽筋

菱形筋

肩甲挙筋

肩甲挙筋

小胸筋

小胸筋

前鋸筋

前鋸筋

上後鋸筋

上下後鋸筋

などです。

 

これらの筋肉のロックをリリースすると

それだけで肩甲骨の可動域が広がります。

 

あとは

ゴルフの練習時やラウンド前に

軽く動かすだけで大丈夫です。

一生懸命ストレッチする必要はありません。

 

肩甲骨の可動域を広げて

ゴルフのパフォーマンスアップ!

飛距離を伸ばし曲がらない球を打ってください。

 

ミオンパシーの施術の方法

ミオンパシーの施術法動画

ロックしている筋肉の場所=ロックポイント

を、見つけて

「硬い・痛い」というロックポイントが

緩む姿勢を取ります。

 

施術を受ける方が、その姿勢によって

どこかに痛みが出ないか確かめつつ

腕や脚などを持ち上げたりしながら

ロックポイントが緩み

硬さや痛みが消える姿勢を探し

痛みがどこにも出ないようなら

その姿勢を約90秒保ちます。

 

90秒経ったら

ゆっくり元の姿勢に戻します。

 

たったこれだけです。

こういう施術を

皆さんの慢性の痛みやコリの原因になっている筋肉の

ロックポイントごとに行います。

 

ロックポイント1箇所につき

見つけて緩む姿勢をとって戻すのに

最短で120秒ほどかかります。

 

60分の施術で

最大30箇所緩められる計算になります。

実際には、お話しながら

症状についてお聞きしながら

ですので

そこまでの場所は緩められませんが

なるべくたくさんの筋肉ロックを外して

痛みが初回から軽減するように努めています。

 

こういうような

体にまったく負担をかけない

ソフトで安全な技術です。

 

ミオンパシーは
整形外科医の先生にも認めていただいている
科学的根拠に基づいた
痛みなく安心安全な最新の手技療法です。

はじめての方でも安心してお受けいただけます。

メニュー・料金 

ご予約は、下記リンクから

24時間いつでもお取りいただけます。

オンライン予約

お電話でのご予約お問い合わせは

072-632-9430

予約ページの使い方

予約ページに入ると

次のような画面になります。

1.「スタッフを選ぶ」

スタッフについての詳細は

右の「詳細を見る」から。

 

特に指名がない場合は

⬜︎指名なし

にチェックを入れてください。

 

2.コースを選ぶ

次に「コースを選ぶ」

から

施術時間やコースをお選びください。

◯になっているところが

お選びいただける時間です。

120分では取れない場合

90分や60分にしていただくと

お取りできることがあります。

 

※使い方の確認は

このページの右上

メニューのところを

クリックしてください。

すると

次のような画面になります。

こちらの画面の

ご利用ガイドのところを

クリックしてください。

使い方の説明が見られます。

こちらの使い方に沿って

ご予約ください。

 

※予約完了ページが表示されても

完了メールが届かない場合

予約が完了していない

恐れがありますので

その場合は、念のため

お電話での確認をお願い致します。

072−632−9430

 

加茂整形外科医院HP

お知らせ
ブログ

お問い合わせ

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。